上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



丸かじりシリーズである。とにかく気楽に読める、そうそう、とニコニコしてしまうこのエッセイ。今回はもうよだれが出そうで出そうで本当にたまらなくなった話がある。
『桃缶の甘美』である。
昔は桃缶は高級品だったけど貧乏と言われるうちでも何回かは食べたよー、という内容から、「桃缶は梅干しと並ぶほど食べ物としてのイメージ訴求力が強い」という話に展開していく。このあたりで私の口内は大洪水だ。
だって想像してみてください。あのぐんにゃりとした歯ごたえ、たっぷたぷなちょっとだけとろっとしたシロップ、噛みちぎる時の意外なぶつん、という感覚。それらをとっても上手に想像させる文章なのだ。
いやー参りましたね。桃缶買ってこようかな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kagenokemono.blog51.fc2.com/tb.php/912-8a952783
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。