FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



晴香は教育実習で小学校を訪れていた。その受け持ちクラスの中に、周囲から孤立している男の子を気にかける。大森真人というその男の子は、「自分は呪われている」と周りの人間を突っぱねる。
時を同じくして、後藤&石井の刑事コンビは仕事に忙殺されていた。井手川の代わりにやってきた宮川が、捜査中の事件の犯人のプロファイリングを精神科医に聞きに行ってくれ、と依頼する。癌の末期患者である父親をハンマーで撲殺した戸部賢吾という男性がカウンセリング中逃亡した事件だった。二人は八雲に操作協力を依頼する。
「自分は呪われている」という少年、逃げた殺人犯。接点のなさそうなふたつの事件が「焼死体」の発見によりひとつに結ばれる。

1冊目と比べると、八雲はなんと優しい青年になったものか。もともと優しかったのがあの生意気でひねくれた言動に隠されてしまって、出てこなかっただけなんだろうなあ。
私はこの作品をライトノベルと近い位置においているのだけれど、結構事件の骨格がしっかりしていて読み応えがある。今回はまさにミステリ!という感じだった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kagenokemono.blog51.fc2.com/tb.php/899-adbd510a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。