FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



石田衣良の恋愛短編集。テーマは「三十代の恋愛」とのことで、主人公は旬をやや過ぎたような女性が多い気がする。個人的には自分の年齢のこともあり三十代はまだまだ現役、という感じなのだが、この「三十路に入ったら守りに入らなくてはならない」というステレオタイプな社会の声はなんとかならないだろうか。

『ふたりの名前』
朝世と俊樹は同棲している。ふたりにはいつ別れてもいいように、すべてのものにアルファベットを書いておく習慣があった。そこに一匹の子猫がやってくる。アルファベットをふらなくていい存在が、初めて家にやってきたのだ。

命を通してふたりの関係を見つめ直すという掌編だが、それがありがちな子供ではなく子猫というところがいい。

『誰かのウエディング』
三十を過ぎた中台歩は、結婚式場に来ていた。同僚の結婚式に出席するためだ。そこでひときわ目を惹かれた女性。きびきびと働き、地味な黒のスーツにひっつめ髪。しかし魅力的だ。彼は意を決して連絡先を渡す。

人の幸せを願う人は自らの幸せを願ってはいけない、そんなお仕着せがまかりとおる世の中の方がおかしい。幼い頃は誰だって自分がヒロインで、周りの人も幸せに暮らしていた。

『十一月のつぼみ』
花屋で働く英恵には、自宅勤務の旦那と幼い子供がいる。彼女が忘れていたときめきを思い出したのは、週に一度花束を注文にくる男性によってもたらされた。

最後の英恵の決意が滲むセリフがいい。アバンチュールを望んでいない女性でも、心の何処かに「こうなればいいな」という願望はあるものだ。そのレールに乗るか乗らないかは本人が決めることだ。

『声を探しに』
浩子は広告会社で経理をしている。ついたあだ名が「経理のけちんぼ魔女」。そんな彼女は日常を淡々とこなしているが、ある日突然声が出なくなってしまう。営業の男性からかかってきた電話になんとか意思表示をして心療内科の予約をしてもらうがーー。

私も失声症はよくなるのでわかるのだが(現在もタイミングのいいことにかかっている)、「これが」「あれが」とすぐさま思い当たるストレスがなくても、日常の些細なことが降り積もって、なにかのきっかけでなってしまうものなんだよなあ。

『昔のボーイフレンド』
はるかは万年筆を集めることが趣味の、文具会社のOL。彼氏の武弘と別れてから、どの男性とも続かない。彼女は親友の一実に愚痴を聞いてもらって帰宅したが、その深夜武弘から電話がかかってきて話し込んでしまう。次の日デートすることになり……。

よく「男の恋愛は新規保存、女の恋愛は上書き保存」なんて言われるが、決してそんなことはないと思う。女性だって特別な男性が現れない限り、上書き保存できないことだってある。そうして残ったファイルがいつまでも心の中でぐずぐずしていたりするのだ。

『スローガール』
慶司は週末の夜、バーに行って女性をハントする。その晩狙った女性は、ワンテンポ遅れて会話をするようなスローな美人だった。彼女は「これでおともだちですね」とにっこり笑った。

美咲のように心が綺麗な女性はどこを探せばいるのだろう。最近は周りにそういう人間はいなくなったなあ。なんだか心が温かくなる話だった。

『1ポンドの悲しみ』
真帆と豊樹は遠距離恋愛のカップル。二人は中間地点の地方都市で月に一度逢瀬を重ねる。別れが近づくたびに世界が悲しみに満ちているように見える。

うーん、表題作になるほどの話だろうか。タイトルは美しいけれど、話はあまり好みでなかった。

『デートは本屋で』
千晶は前の彼氏と別れてからいいなと思う男性がいなかった。なぜなら彼女は読書家の男性が好きなのだ。そしてたまたま話しかけた営業の男性と本の話をして、その男性をデートに誘う。

理想的なデートだなあ、と感じいった。私も本は好きなのだが、読書家でない男性を読書家にするのは大変に難しい。今までそれが成功したことは一度としてない。

『秋の終わりの二週間』
伊沙子と俊隆は年の離れた夫婦だ。伊沙子の誕生日になると、夫は必ず高価なプレゼントをくれ、美味しいディナーを食べさせ、激しくセックスに没入する。そしてその二週間後に俊隆の誕生日がくるのだった。

世の中には色々な形の夫婦がいるけれど、これだけ年が離れていればこういう愛の形もありではないだろうか。

『スターティング・オーバー』
真弓、美砂子、巧成は過去同じ会社の同期だった。その三人が集まって新年会をすることになり、その場で発表された真弓の「男断ち終了」。真弓は一年間男を作らず生活していたという。

うーん、私の周りにどのタイプもいなかったから親近感はわかなかったが、こういう恋愛をするタイプの人間も多いのだろう。三者三様。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kagenokemono.blog51.fc2.com/tb.php/893-32889f47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。