上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「白いメリーさん」の噂は私が幼い頃に流行った。なんでも横浜あたりのデパートなどに出没する、全身白づくめで顔を真っ白にしたおばあさんがいる、とのことだ。どの局かは記憶にないのだが、ワイドショーかそれとも特番かで「白いメリーさん」を追ったドキュメントチックな番組もやっていた。もちろん実在した。
そんな懐かしさからこの本を手に取ったが、大正解。短編集だがどれもらもさんらしい心憎い「粋」な気遣いが見れる。

『日の出通り商店街 いきいきデー』
年に一度行われる日の出通り商店街の一大イベント、「いきいきデー」。この日に行われるのは血を血で洗う殺し合いだ。バトル・ロイヤルだ。主人公は右手に中華包丁、左手に中華鍋を掲げて商店街のメンバーを殺しにアーケードを駆け抜ける。

なんの説明もなくこんなものが初っぱなからぶっこまれるのである。さすがらもさん。世界観が掴めないぞ〜、なんてのんびりしていると読み終わってしまうから注意だ。流れに身を任せろ!!

『クロウリング・キング・スネイク』
父と姉と主人公は仲良く暮らしているが、ある日あねじゃが突然「蛇女」になってしまう。そんなどう考えても不幸な出来事が起きたのに、漢文教師の父親は「先祖代々の祟りだ」と主人公にも覚悟するように言い、あねじゃは前向きに生きるなどと言ってエレキ・ギターの練習を始める。いったいこの先どうなるの?

「あねじゃ」って呼び名がもう「姉者=姉蛇」のダブル・ミーニングなんだろうな。それにしても誰一人憂鬱になってないところが面白い。天地がひっくり返るぐらいの衝撃だと言うのになんと明るいのか。

『白髪急行』
海外を放浪していつかものを書く人間になろうと決意していた主人公は、帰国しても細々と翻訳の仕事をするだけで日常を過ごす。結婚もせず、老いた母を見送り、毎日終電で帰って高架の上を走る回送電車を見つめる。だがその日は回送電車に子供が乗っているのに気づく。

硬質に書かれた文体が余計に気味悪さを増長させる。それだけならばいいのだが、どこか救いを感じてしまうのが恐ろしい。

『夜走る人』
夜は走る時間、と決めている主人公。コンビニの前を通り過ぎ、大工洋品店の前を通り過ぎ、公園の緑の中を一周して帰る。そんな毎日の時間に変化が訪れた。公園脇の「車さん」と呼んでいるホームレスが、少年たちに暴行されていたのだ。主人公は力を解放して車さんを助ける。

世の中に救いというものはなくて、弱者は強者に搾取されるだけで、それはとてもつらいことだけれど自然の理なのかもしれない。車さんはきっとそんな生物のあり方がいやだから今住んでるところが「スポンジ地球」だというのだろうなあ。

『脳の王国』
加持真平。見た目は50代。乾物屋の亭主。愛想が良く選別眼も確か。そんな彼には、隔世遺伝した特技ーーというと語弊があるかもしれないがーーがある。それは「人の心が読める」こと。普段は心に閂をかけて勝手に読んだりしないようにしているが、その日は違った。「心を読んでほしい」という依頼人が来たのだった。その読んでほしい相手、というのは依頼人夫妻の息子だった。

五感を失った人間より、元から五感がない人間の方が幸せなのかもしれない。となると、障害者と呼ばれる人間ももしかしたら健常者よりも幸せなのかもしれず、強いと思ってる人間より弱い人間の方が幸せなのかもしれず、世の中とは複雑にできている。

『掌』
コンパニオンをしている杉ちゃんの家に転がり込んでいる主人公。杉ちゃんはいつもはニコニコとした菩薩のようないい女だが、月に一度ほど嵐のように暴れる日がある。そんな日常をすごしていて、ある日新築の家の襖に手形がついていることに気づく。襖を取り替えても、浮き上がってくる。そしてその手形は杉ちゃんが暴れる日の前兆として浮かび上がるのだった。

ホラー調の話はらもさんはうまいが、これも落語のように綺麗に終わっている。過不足なし、という感じ。ホラーならば同じくらもさんの書いた『人体模型の夜』が最高だったが、その原型が見える作品。

『微笑と唇のように結ばれて』
画廊を経営している主人公はもう五十代だ。ある日、天使のようにどの絵画より美しい女、マリカがやってくる。惚れ込んでしまった主人公はマリカを食事に誘うが、マリカはワインは飲むものの食事は摂らない。その理由は、マリカは嗜血症を患っている現代の吸血鬼だったからだ。

血を失う時の恍惚感というのはすさまじく、それが誰かを生かす糧になるのならば私も喜んで差し出すかもしれない。愛する人だとしたら、特に。

『白いメリーさん』
噂を追いかけて記事を書いている主人公。娘から「白いメリーさん」の噂を聞き、興味が出て娘の友人に取材をする。が、それは娘の友人に「嘘つき」の烙印を押すことに他ならず……。

表題作なだけあって、完成度がずば抜けて高い。実際に存在していた「白いメリーさん」を話の中心に持ってくるところもうまい。

『ラブ・イン・エレベーター』
どんな理由か当事者もわからないが、上昇し続けるエレベーターに閉じ込められてしまった男女。やがて二人は愛し合うようになり、アラビアン・ナイトの千夜一夜物語のごとくお互いの過去や考え方について語り合う。愛を深めるのもつかの間、やがて二人はお互いに飽きはじめ……。

いやー、拍手。これで終わるのがまたうまい。らもさんの話は毎度落語のごとく綺麗にオチが決まり、それが快感になる。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kagenokemono.blog51.fc2.com/tb.php/886-7dfa3b88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。