FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



彼の名前は斉藤八雲。左目が生まれつき赤い。そしてその赤い目は、死者の魂を見ることができるのだというーー。
八雲が鋭い洞察力と観察眼、そして被害者のちからを借りて事件を解決するシリーズ第二弾!

今回の事件は後藤刑事から持ち込まれた。署長の娘が霊に取り憑かれたから何とかして欲しい、と。
新しく刑事になった石井は、数々の事件を解決している後藤と同じ部署になれたことが嬉しい。後藤が心霊がらみの未解決事件を解決していることは知っており、オカルトが好きな自分としては後藤の部下になれるのがとても嬉しいのだ。
なぜ民間人に依頼などを、と訝しんでいるが誰も理由は教えてくれない。
その頃本部では重大な事件を追っていた。少女が三人失踪。そのうち二人は死体で発見されている。一人目は絞殺、二人目は溺死でゴミ捨て場に捨てられていた。
この二つの事件が、徐々に絡み合い「ひとつの事件」として浮かび上がってくる。

そして解決したように見えたものの、実は同時進行していた事件は「みっつ」あったーー。

最高に面白かった! 三人目の遺体が発見されたシーンは「嘘でしょ!??」とがばりとページを覗き込んでしまった。そして事件にちらつく謎の黒ずくめの男ときたら、そりゃ色々連想するでしょう。晴香も自分の気持ちに整理がついたし、八雲も絶対春香のことが好きだよな、と認識できてきているのにここで伏兵まで登場とは、シリーズ面白くなっていきそうですな!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kagenokemono.blog51.fc2.com/tb.php/883-596f0821
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。