FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



森鴎外の自伝的小説で、主人公の金井君が生涯に体験した性的な事柄などを書き連ねたものになる。
しかし、全くと言って生臭くなく、性的なことをモチーフに書いているのにまったくエロスを感じない。これは鴎外の作品にみられる特徴が大々的に出たものであると感ずる。つまり、「過不足なく書く」という特徴だ。余計なものや誇大装飾をせず、最低限のことを、当たり前に書く。だから彼の文章は読み易い。
鴎外を読んだのは教科書に載っている『高瀬舟』以来なのだが、当時と抱く印象がだいぶ違った。それは書かれた時代に起因するものもあるとは思うのだが、なによりこの『ヰタ・セクスアリス』には道徳的な押し付けが一切ないところが好ましい。
個人的にはこの作品はあくまで「自伝的小説」であり、「ポルノグラフィー」とはまったく思わない。が、解説でもあるようにそう読む人間も当時は多かったようで、掲載誌の『スバル』は当時発禁処分となっている。これに鴎外は反発し、この作品はポルノとして書いたものではないと反論している。
この作品をポルノグラフィーとしてしまうのならば、セックスの描写がでる作品は全てがポルノグラフィーと言っても過言ではないだろう。それだけ、性的なことを書いていながら性の匂いがしない小説という、非常に珍しい作品だ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kagenokemono.blog51.fc2.com/tb.php/852-cea4bd1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。