上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



大槻ケンヂは、性の嗜好がロリコンでSM好きだと、いままでのエッセイなどを見ればわかる。
それを濃縮させて爆発させたような作品群である。

或る日突然、14、15、16、17歳の娘が「ステーシー」と呼ばれる”ゾンビ”になり、ふらふらと歩き回り人を咬み殺す。ステーシーになる前には”ニアデス・ハピネス”という多幸感に包まれた笑みを常に浮かべることになる少女たちは、死んでいく自分を哀れに思い、好きな人に”再殺をする権利”を譲渡する。ーーまあ、それはロメロ再殺部隊によって基本的には再殺されるためあまり意味はないのだがーーその権利を、気まぐれで受け取った渋川は、エイコという少女の再殺を行うことになる。再殺を完璧に行うためには165以上の肉片にバラさなければならない。

性癖のもつ煮込みみたいな本なのである。
少女、ゾンビ、ギャグボール、殺すという加虐、ゲイセックス、首締め、謝罪、奇形児と中也の詩。

こんなもん読んだら10代だった私はそりゃオーケン最高! 結婚したい! とか言い出しますよ(やめとけ例え付き合えたとしても古くなったら捨てられるぞ)。

そして『ステーシー』(角川ホラー文庫)に収録されていない二編についても。

『ステーシー異聞 ゾンビ・リバー』
再殺部隊を気取った少年愚連隊が、大勢のステーシーたちに飲み込まれていく加虐と被虐、そしてチャチャチャというコミカルさを取り入れた作品。
あまりにもそれが”日常”すぎて、世界がいろんな麻痺を起こしているのがよく分かる。

『ステーシー異聞 再殺部隊隊長の回想』
オーケンらしくて素晴らしい。再殺の権利を与えられた少年が、肉片と化した恋人をなんとかロメロ再殺部隊以外の力で自ら再殺しようと懸命になる話である。「ゴシックロリータ幻想劇場」に書かれていたというのが頷ける。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kagenokemono.blog51.fc2.com/tb.php/838-a1197413
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。