上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ショージくんの食べ物エッセイは楽しい。
なぜかというと、「食べている自分」「食べたい自分」「食べ終わった自分」の他に、「それを疑問視する自分」が盛り込まれているからだ。
丸かじりシリーズは食べ物に対する考察が主なのだけれど、『水ようかんでひと踊り』なんかは「水ようかんはゼリーでもプリンでもなくてこうでなければいかん!」という自分があり、それを食べるシチュエーションを妄想し、その妄想の中で食べている自分がお皿を傾けてしまってア、エライコッチャ、ヨイヨイとまた戻しまた傾け水ようかんが皿を逃げ回るのに合わせて自分も踊っている…なんていう話を大真面目に書いてくる。無論面白い。
丸かじりシリーズは『東海林さだおのフルコース』としてまとめられた本しかいままで持っていなかったので、バラで集めるのは楽しい。でも本棚の場所を膨大にとるんだよな〜〜。
はまってしまうとやばいかも。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kagenokemono.blog51.fc2.com/tb.php/837-83a713fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。