上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この作品集を読むとサブカルメンヘラBBAなので涙が滲みます(鼻をすすりながら)。
「デッサン」に収録されている作品以外のレビューを。

「day dream beliver」
幼馴染の少年と少女が、少女の引っ越しによって別れ別れになるも5年後再会、少女は少年に「付き合わない?」と言いそのままずるずるとデートするも少年は男女の交わりに嫌悪をもっているのでうまくいかずーーみたいな。
性行為を嫌悪する少年っていうのが小野塚漫画にありがちなファンタジーなんだけれど、それが少女の傷を癒すシーンというのはすごくいいな、と思う。

「熱帯」
夏休みの教室に監禁されて数日間先生にやられっぱなしの少女の話。この時期小野塚はネームがなかなか描けなかったらしく、あんまり出色の出来って感じではない。セックスにしか訴えられない不器用さ、というのは共通して持っているある意味の理想像なのかもしれない。

「ニコ・セッズ」
義理の父親に12の頃から犯されていた過去を持つニコは、兄の月人のことが大好きで体の関係を持ってしまう。ブラコンというより狂気に近いその愛情は、周りの人間を巻き込んで彼女の運命を決めていく。
近親相姦を否定と肯定の両方から描いている意欲作だなーと。義理の父のレイプはとことん否定として描いて、兄妹のセックスはそれを癒すための手段として描いているわけだけれど、きちんとそのラストにその行為は心に傷をつけるだけのものだということを示していて、本当にこう…えぐられるような…とにかく読んでみてほしい。ラストシーン安彦に対するニコの行動、じわっと涙が出てくる。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kagenokemono.blog51.fc2.com/tb.php/836-50aa702a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。