上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




オーケンが90年代に起きたいろんな出来事を元に書いたサクサクと読める本。
馬場の死去とか大きな出来事の他に、コギャルに女装してみたり好き勝手にやってます。
後半は眠くなる映画をランキングで発表したり本当なんでもあり。

90年代といえば私にとってまだ小学生とか中学生の時期で、当時はオーケンなんてタレントの一人としか思ってなかったのであった。しかしTVタックルの超常現象スペシャルをみてショックをうけ、「この人は何者なんだ!?!?」と心にオーケンの存在を刻んだまま生きていくことになる。
でもって高校入試の時期に「レティクル座妄想」なんて聴いちゃったからどっぷりと傾倒してしまった。
バンギャがいきなりサブカルを食い始めたんである。
そこまでが90年代の話。
その後無事に高校に進学して、図書室の主みたいになるんですがオーケンの日記を先輩の誰かが図書室にいれてて読んでしまってまたどっぷり。買っている雑誌では00年代に入ってオーケンが対談のコーナーを始め、そりゃあウキウキでしたよ。
ちなみに心に残ってるのは某V系バンドマン(若い)に「プロレスと特撮とAVの話しなかったら若い子はなんの話してるの???」って聞いてたことですかね…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。