上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




幼い頃に盲いた”僕”は、昭和という時代のなかにいた。まぶたの裏を駆け抜けるのは、最後に見たと記憶している風景。薄墨色の低い空、湿った庭、蜻蛉が乱れ飛んでいた稲穂の波、ちくちくと肌を刺す畦でゆっくりと首を振っていた、白黒斑の子牛。彼方を行く極彩色の葬列。荷車の轍に溜まった水に溺れていた単色の蛾。
奇妙な講談師の真似をする男と、甘いおしっこの匂いがする女の子、そして姉さん。僕の世界は、姉さんの働いている小料理屋に逗留しているという女作家の原稿によって、ますます狂おしくなっていく。
官能と幻想を幾重にも織り込んだラストには、とびきりの結末が待っている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。