上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



これは良いですよ。
まず、「我、在ルベキ場所」。
心臓に突き刺さるラウドロック。
重低音に負けないたつおの声量。

感動したね。これでムックにハマった。

「儚くとも」
はもう・・・バラードやりたかったんだろうね。
アカペラで入る部分なんかぞくぞくする。

「家路」
はアレンジされてるんですが、これは本当に爽やかな毒で気持ち良く自虐的になれるよね。好きな人が出来たときのコンプレックスには計り知れない物があるよ。

Cタイプに入っている「商業思想狂時代考偲曲70’ver」はすごく、「ああ、私の知ってる70’と違うなあ」って実感があった。
もっとパンクで、もっとジャジーな感じを期待してたんだけどなあ。

やっぱり歌詞が好きです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。