上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
滋賀の産んだポップロックスバンド、JERRY BEANSさんです。
色とりどりの楽曲を生み出す彼らに、突然のインタビューを申し込んだら快く受けてくれました。



ーー自己紹介からお願いします。
史朗:ボーカルの山崎史朗です。
司:ギターの宇野司です。
雄介:ドラムの山崎雄介です。
典之:ベースの八田典之です。
雄介:史朗とは双子です。
ーーどちらが兄ですか?
雄介:俺の方が兄です。ドラムの方が兄で、ボーカルの方が弟です。
ーーなるほど。JERRY BEANSさんの結成の由来とバンドのコンセプトをお願いします。
典之:もともと友達同士で毎日遊んでて、ちょうど楽器にみんな興味持ち始める年頃ってあるじゃないですか。その頃にそれぞれみんなバイトして買って、一緒になんとなく合わして自然な感じでバンドになった。「バンド組もうぜ」とかなくて。で、最後に史朗がボーカルで入って結成。
ーーその前まではボーカルは別の方だったんですか?
典之:特にいなかった。3人で。
雄介:そうですね。(自分たちは)部屋の2階でやってて、(史朗は)1階にいるみたいな。幼馴染なんですよみんな。実家の方で遊んでてその遊びの合間にそうなっていったって感じで。
典之:史朗が入ったっていうか……。
雄介:合わせたみたいな。合わせてじゃあバンド名決めようみたいな。
ーーバンド名の由来は?
雄介:典くんがもってきて。
典之:なんか「ズ」がついてるのが。
雄介:響きがいい。特にな、俺は名前も浮かばへんかったしな。
典之:最後に史朗が入ったってことで、最後にSがついてるのがいいなあつってて……それは嘘ですごめんなさい。
メンバー:(笑)
典之:いろんなカラーがなって。
雄介:で、やっていくうちに曲書いたり、みんな各々それぞれ書いたりしてて、4人の個性がいろんな色になって、「あっちょっとゼリービーンズっぽいやん」って。そういう意味にしよっかって。
メンバー:(笑)
ーーメンバーさんからみた他のメンバーさんの印象なんてのをお願いしたいんですけれども。
司:俺からみた山崎史朗は、男の子にモテるタイプ。
ーーああ、なんかわかります。
司:うん。逆にドラムは女の子にモテるタイプ。
典之:それはわからへん。
雄介:いやモテへん。
司:男の子に好かれるタイプで、やっぱり周りに友達が集まったりする。まあそういう魅力を持ってるので。
典之:俺から観たボーカルは、一言で言えば眼鏡。
司:みたいな見た目。
メンバー:(笑)
典之:伊達眼鏡。なんちゅーか、俺からしてみれば弟みたいな感じですね。女性からみた視線で書いた曲もあるんですよ。そういうのも歌いこなせる抽象的なボーカルだと思ってます。
雄介:中性的じゃない?
典之:ああ、そう中性的。これ使われるんやろな。
雄介:俺からみた史朗は、まあ双子なんで、しかも一緒に住んでるんで。僕の作った曲はメッセージソングが多いんですけど、それを伝えられるのはこいつだけかなって思ってるやつです。
ーー次はギターの司さん。
史朗:一番俺と一緒に女の子の話を聞いてくれる。一番友達感覚なギタリストです。ギターも良くなってきていいと思います。
司:なんつう気を使うコメントだおい。
典之:つかちゃんはすごい尊敬する面もあります。賢いっていうか。テンション自分でな、こう自由自在。
ーー操れる?
典之:俺にないものをもってるんで、すごいいろんな面で尊敬してる。
雄介:一番両極端やもんなメンバーで。
典之:うん。で、なんかまあ2歳年下やけど、特にその……
ーー年齢差を感じない?
典之:めちゃめちゃ感じるわけじゃないんですけど、でもつかちゃんはちょっと頼れるような感じです。すごい空気を読んで人を楽しませたりするのが得意でそういう面も持ってるし。けど、ちゃんと頭のキレる子で。ギターもすごいビート作ったりして、頼りになりますね。
雄介:一言で言うと癒し系。僕普段あんまり言わないでしょ。それを不満もなくまんま心の扉を開いてくれます。なんか独特の、江頭2:50的な動きをするんで、それが僕のツボにはまってね、非常に面白い。バンドに疲れても、笑わせてくれるとその疲れが飛ぶみたいな。
ーーではベースの典之さん。
史朗:典くんはしっかりしてて歌舞伎町のホストに誘われるぐらいの男前で。
雄介:さっき誘われた、ついさっき。実は2回目。
史朗:JERRY BEANSというバンドを、今まで引っ張ってきた人だと思います。これからも引っ張られていくと思います。一言で言うとリーダー。
司:俺も一番初めに出てくるのは、しっかりしてる印象で。やっぱり一番心が純粋な感じ。男前なのに中身も兼ね備えてる。
典之:照れるわ。
メンバー:(笑)
司:で、演奏面に関しても力強いベースで。うちのリズム隊は、ドラムの雄介が自由な感じで、それに典くんはちゃんと合わしていく。
雄介:結構自由やで(笑)?
司:雄介のドラム聴いて合わせて。ほんまJERRY BEANSとしてのベースって、一番親身になってる人だと思います。
雄介:一言でいうとまっすぐ。自分的にはこうかなり曲がりくねってるタイプなんですけど、彼はものすごくまっすぐ見る。人と人との向き合い方もまっすぐ見るタイプ。一番音楽性とかは似てるんですけど、正確な芯の部分は僕にない部分を持ってるんで、すごい勉強になります。ベースも6、7年一緒にやってきたんで、次なにするかとかすごい息が合ってわかるんで。これからもよろしくって感じで。
ーーではドラムの雄介さんをお願いします。
史朗:すごい可能性を感じつやつだと思うよ。俺らの年代のドラマーだったら一番やと思ってます。人間としては兄弟なんで、良くも悪くも家族って感じです。
司:やっぱりプレイヤーとして雄介のドラムに惹かれる人は多いし、その叩いてる姿もかっこいいし。そんでこう芸術性があるっていうかアーティスティックな感じがするってことで。世界観が一番あるやんか。いつもおとぎ話みたいな曲を書いて。
典之:俺一応リーダーなんですけど、結構バンドのこと引っ張っていける副リーダーみたいな感覚が俺の中にあって。いろいろこれからのことを良く話したり、頼りってか一人でいっぱいいっぱいのときとか助けてくれるって感じで。同じリズム隊としても俺はすごいやりやすくて。打ち合わせもしてないのにミスするところが一緒だったりとか。今まで一緒にやってきたからそういうのわかるのかなーみたいな。他のドラムの人より雄介の方がやりやすいですね。曲も雄介が作ってるのが多いんで、驚かされる一面も持った存在ですね。
史朗:他のバンドの人もこんなに褒めちぎってるんですか?
ーー褒めてる人もいれば、落としてる人もいますよ。
典之:つかちゃんは私生活で頼りになる感じで、雄介はバンド面で、史朗はなんか野放しみたいあん。
メンバー:(笑)
史朗:あのー、放し飼いです。放置プレイ。
ーー犬ですか。
典之:すくすく育ってくれ、みたいな。
ーー今回インタビュー内特集で「あなたのホッとする場所、隠れ家。」というのを伺ってるんですけれども。
典之:俺はもちろん自分の部屋が一番落ち着くんですけど、その中でも最近ね、ちょっと部屋を綺麗にしようとしてて。なのでタバコは部屋で吸わないようにしてて。トイレで吸ってるんですよ。そこが一番落ち着くかもしれない。
史朗:昔はゲームセンターの麻雀の上が憩いの場です。メンバーで一緒に住んでるときは家にいたくなくてずーっと麻雀の台を拾いコインで遊んでました。
司:俺はトイレが一番落ち着く。やっぱ外でちょっとしたくなっても帰ってからしようとか、20分とか30分入ってる。
典之:しかもお風呂も長いよな?
司:お風呂も長い。
典之:最高何時間ぐらい?
司:5時間とか6時間とかやから。
典之:寝たくなるでしょ?
司:うん。
典之:俺1回銭湯行って3時間入ってそのうち1時間サウナ入って、着替えてるとき床が揺れてました。脱水症状。
雄介:やばい。
典之:裸で救急車に運ばれたくないと思って必死に服着ました。
司:外で落ち着くのは綺麗なトイレがあるお店やな。
ーーウォシュレット派ですか?
司:あったらあったで使う。だから史朗ちゃんちのトイレは嫌いや。
メンバー:(笑)
雄介:俺はスタジオですかね。ドラムに囲まれたとこのスペースが。ドラムは囲まれて自分の空間になるんで、そこでみんなの顔を見てると落ち着く。ライブとかって緊張感があるじゃないですか。でもスタジオだとラフに演奏できるんで間違いなく落ち着きますね。
ーーライブの予定などがあったらお願いします。
典之:8月は全部滋賀、地元の滋賀県でやります。真野北祭りに。31日に地元のライブハウス、ハックルベリー本堅田ってところでやります。あとは9月16日に池袋のアダムってライブハウスでワンマンライブがあります。そのアダムってところは、上京して俺ら5年になるんですけど、初めの2年ぐらいずーっとお世話になってたハコで。一回卒業って感じで。いつか恩返しにワンマンでお客さんをいっぱい呼べるようになったらそこでしたいなって思ってたとこで。
ーーありがとうございます。では最後にインタビューを読んでくださってる方に一言。
司:9月16日来てほしいな。池袋アダムワンマン。
典之:5月27日に出た「かけがえのない他人の君へ」というアルバムを作ったんですけど、メッセージ性の強いアルバムになってるんで是非聞いてほしいです。通販で買えます。
雄介:ワンマンライブ、すごくいいライブになると思うので是非見に来てください。
史朗:8月31日はハックルベリーの店長さんの誕生日、結構面白いことをしようと思ってるんで来れる方は是非来てください。あと、俺らは言葉とかメッセージを特に大事にしてて、なんか世の中の間違ってることとか自分らが思う範囲での、想いってのをどんどん伝えようと思うんで聴いてください。
ーーありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。