上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幼稚園の先生と保父さんとパンダが2匹いるバンド、Gelding Gangster’s Bandさんです。
「とにかく巻き込む!!」ライブはこのバンドに巻き込まれる場所です。みんな巻き込まれてこい!! 踊ってこい!!



ーーよろしくお願いします。本日はメンバーさん4人のインタビューで。
taichi jungle(以下t):今日の参加者は、ボーカルのtaichi jungle、ベースのwai、それとパンダが2匹です。
ーーバンド名の由来をお願いします。
t:2年前まではGGBって名前だったんです。特に意味はありませんでした。waiちゃんが持ってるジッポにGGBって入っていて、響きが良さそうだったんでそれをそのまま。だけど2年前にGGB時代のメインのメンバーだったギターが脱退したので、「GGB」が「GGB」ではなくなってしまった。それと辞めた彼に敬意を払う意味で、バンド名を変えようという事になり「G.G.B」と。それに語呂合わせするために辞書をめくりました(笑)。その時にでてきたのが「Gelding Gangster’s Band」、「去勢された悪党ども」そういう意味です。
ーーライブを見る限りでは悪党では……パンダが皿を回してたり。
wai(以下w):コアな部分で悪党なんですよ。
t:地味な部分で悪党な面がありまして。でもやっぱりお客さんを大事にしなきゃいけないんでね、あんまり悪党っぽいとこを表に出すわけにいかないんです(悪い笑い)。
ーーバンドのコンセプトをお願いします。
t:パーティバンドです。G.G.Bってバンドがどういう音楽をやりたいのって訊かれたら、迷わず「素人のお客さんに受け入れられる音楽」って答えるようにしてます。だから、全曲振り付きにこだわってるし。演奏してて楽しい音楽と、お客さんが聴いてて楽しい音楽ってのは多少ズレがあると思うんで、僕たち的にはお客さんが聴いてて楽しめる音楽ってのをメインに考えて楽曲作りをやっています。
w:スカバンドだからスカしかやんない、とかよくあるじゃないですか? そういうんじゃなくて、スカもやるし、パンクもやるし、楽しけりゃやっぱりロックもやるし。いろいろジャンルをやれるってのは強みだと思ってます。
ーーメンバーさんから見た他のメンバーさんの印象というのを訊いているんですけど、今回全員ではないので1人が全員分喋るのを回していくという形にしてもらおうかと。
t:ドラムのXXLさん。2年前、元ギターが辞めるか辞めないかの頃に加入したんですけど、XXLさんが入ってくるまではほぼずっと5年間同じメンバーでやってたんですよ。ドラムが抜けるって事で、初めてメンバー募集をやった。XXLさんが入ってから、完全にバンドが生まれ変わった。演奏どうのこうのよりもバイタリティーとか音楽に関する、ステージに関する考え方かな? それがね、僕らの気持ちにリンクして。よく僕はバンドでリーダーって呼ばれるんですけど、XXLさんはボスですね。次はwaiちゃん。waiちゃんはもうずっとね、7年一緒にやってるから。最近上手になったなーと。
ーー最近?
t:最近随分上手になった。ここ2年くらいですごい上手になったよ。以前はなんか見栄張っててね。なかなかステージ上でお客さんの視線とか、メンバーの視線を意識するあまり自分を出せてなかったんだけど、最近は(自分を)解放できるようになってきた。それが上手くバンドのグルーヴに合うような形になってきて、自己主張がすごく出てきた。偉そうな言い方すると、すごく成長してきてくれて頼もしい。まだまだ伸びしろが非常に多い若者だと思います。
w:三十路直前ですけどね。
t:次、ギターのMorly。よくよく考えたら入って間がないんだよね?
w:ないっすねー。
t:ないんだけれども、一発目のギグで即入部確定。とにかく音楽的スキルが高い奴。彼はね、すごくステージを楽しみたい人なのね。お客さんを楽しませたいってのもあるけど、自分がすごく楽しみたい人だから。それに対して貪欲だから、色んなアイディアをいっぱい出してくれる。自宅に録音スタジオあるんで、1st MAXIのレコーディングはMorlyのスタジオで全て行いました。ミキシングもアレンジも全てやれたくらい設備が整ってて、本当に数万とか数十万とかするようなエフェクターがゴロゴロ転がってる。ものすごい音楽オタクですね。でもそれがね、オナニーになってないところがいいなと思う。プレイは聴いてもらえばわかる通り、アマチュアのレベルじゃないなーと思ってます。次、遅刻でまだ到着していないEMINEMI、Cho&Trom。あいつはねー……
ーーパンダ。
t:パンダの長い方。あいつねー、よくわかんねえ。
メンバー:(笑)
t:とりあえずね、新しいグルーヴをG.G.Bに持ち込んだのがEMINEMIだからね。
w:確かにそうっすね。
t:見た目なんか本当にどこまで本気かわからないところあったんだけど、やってみて非常にG.G.Bを楽しんでくれてて。パンダの着ぐるみを持ち込んだのはヒットだったね。トロンボーンはね、特別上手いとかはないんだけど、こちらが要求した事はきちんと練習してきてやってくれるところが非常に信用できる。長く付き合える人だと思います。次に、もう1匹のパンダmiyuki jungleはねー……あのー……
ーー妹さん。
t:ああ妹っちゃ妹なんだけど、そんなに一緒に住んでたわけじゃないからねー?
miyuki jungle(以下m):ないねー。
t:だからそんなに血縁って意識はないんだけれども。miyukiの場合はね、きつかった部分もいっぱいあって。あいつはあいつで自分のやりたい音楽とかあって、他にやってるバンドとかあって、それをわかってて無理やりG.G.Bの方にひきこんじゃったから、楽曲的に自分の声とかが合わなかったり、ステージングが合わなかったりとかするところがあって、そのギャップにすごい苦しんだと思うんだけど。EMINEMIが入ってパンダの着ぐるみを着るようになって、でー……
ーー皿も回せるようになって。
t:そうそう。元々ボーカリストだからすごく音を出したい意識が強かったんだけど、うちのバンドだと声を出すよりステージングの方に重きを置いて欲しいってのがあったから、そういうのを割り切るのにすごく時間がかかった。でも、2、3回のステージの中で自分の見せどころとかを探し出してくれて。で、お客さんにもすごく受けてて完全にうちのバンドのパトリオット的存在。
ーーパトリオット。
t:あー間違ったパトリオットじゃない、ノドン。ノドンかテポドン。日本に撃ったつもりが何故か◯◯に突っ込んじゃうみたいな。実は歌すごく上手いんだよ。ただG.G.Bではその歌唱力を発揮する場所はおそらくないと思います。
メンバー:(笑)
t:えーと、今回のライブとかには出てないんだけど、keiについて。サポートメンバーではなくて、正規のメンバーなんだけどね。
ーー九州男児。
t:そう。俺ら三人兄弟の真ん中ね。今は九州の方で幼稚園の先生やってますが、彼はうちのバンドの中心メンバー。G.G.Bのステージングの基礎を作ったのはkeiとXXLさんなのね。とにかくお客さんを巻き込む。モジモジしてるお客さんでも、動きをつけると踊れるようになるわけですよ。その中で必要になってくるのはkeiなわけで。でも今の体制(ホーン加入)でkeiが入ったライブはまだやってないんですよ。keiが合流した時に真骨頂を見せられるんじゃないかなー。間違いなく夏フェスとか出ても絶対観客を巻き込める。keiがいれば自信ある。
ーーmiyukiさんお願いします。
m:後ろからボス(XXL)。ボスは、鉄拳が痛いです。
メンバー:(笑)
w:そういう印象かよ?
t:いいよそんな感じで。
m:手がでかくてすっごい脳みそが揺れるから、あれはちょっとクセになる。
w:クセになんなよ。
m:waiちゃんさんはねぇ、もーパンダを切ればいいんじゃないかと思う。
t:えええええ!
w:わかんねーその感覚。
ーーパンダの耳とかつけて演奏したらどうですか?
m:それは汚いからダメ。
メンバー:(笑)
m:Morlyさんはなんでもやってくれるから好き。んで、EMINEMIさんはパンダの師匠なのね。自分のようなペーペーからはなにも言う事はないです。神様だから。
w:お前馬鹿か?
m:なんで? もろ師匠じゃん。パンダまで着て主張してんのに、あんなにダンスが下手な人はきっといない。
メンバー:(笑)
t:あいつ超運動音痴だよね! そのクセニッコニコしながらさ、堂々とやるもんね。
w:keiは?
m:keiちゃんが戻ってきたら、とりあえずすごく広くてでかいステージじゃないと。目指すはkeiちゃん超えなんで、どれだけ客をドン引きさせられるか。
メンバー:(笑)
m:そこに焦点を合わせて、これからやっていこうと思う。タイちゃんはセンターでしょ、いつも踊って邪魔してるから、あんまり悪いと思ってないけど悪いなと思う! 見せ場を奪ってやりたい。
t:おーい。
メンバー:(笑)
t:俺、バンドの顔だから。
m:皿を回せるようになったからね、次はなにやろう?
w:ジャグリング。
m:ジャグリングだね。
t:ジャグリングいいよね。
m:フラフープとかやる。
t:いいね。光るヤツ。
m:違う違う、痩せるヤツ。
メンバー:(笑)
m:あれをやりたいと思う。誰か気づいてくれるまでやろうかなあと思う。
ーーでは、waiさんお願いします。
w:お前の後やりにくいなあ。
メンバー:(笑)
w:まずやっぱりリーダーさん(taichi jungle)からいかなきゃいけないんで。まずねえ、何よりもその声。それに惹かれる人が、どれだけこの世の中にいるかってくらい。
t:曲作り、曲は全部俺が作ってんの。褒めといて!
w:もちろんね、バンドの中でメンバーとしてやってるんだけど、確実にみんなtaichi jungleのファンなんだと思う。その歌声があって、もちろん作詞作曲ってのも全部やってるから。詞を聴いてもらえばわかるんだけど、すごくね、奥深い部分に伝わる言葉。一回聴いたら多分その中に入ってっちゃう。あの歌声を通して伝わる言葉、それに虜になる人はたくさんいると思います。G.G.Bのメンバーも、多分taichi jungleのファンであるっていうのはあると思います。
ーーパンダ1号やってきました。
EMINEMI(以下E):遅くなりまして。ごめんあそばせ。
w:ボスはねー、リズム隊ってのもあるんだけど、バンド以外でも結構仲良くしてもらってる。普通に遊ぶのも、お互いにわかり合いたいってのがあるんで。ライブ中のちょっとした意思疎通にも繋がるし。そういう意味でも仲良くしてもらってます。とにかくボスはいい相方だと思ってます。
ーーなんでハードゲイガイズって呼ばれてるんですか?
w:色々と仲良くしてるから巷でそう言われてみたりね。Morlyさんはねえ、とにかくステージ上で一緒にやってる時に、目があった時がともかく楽しい。
t:ああ、Morlyはすごいアイコンタクト飛ばしてくるね、プレイ中にね。
w:そう、本当に本番中もステージを客観的に観てるしね。だからこうしようとかって目で意思表示してくるし、ステージ上で意思の疎通ができる。それができるだけでもだいぶ違ってくるっていうのもあるけど、とにかくステージ上で一緒にやれる事が楽しい。
ーーアイコンタクトができるとテンション上がりますよね。
t:上がる。その通り。
w:本当に楽しい。なんかそこで振りとかなにもない状態で、Morlyさんの動き出した動きに合わせて動いてみたりとか、いろんな事ができるからそこで応用が利くって、本当にステージが一緒にできるって事が楽しい。
t:そうなんだよね。アイコンタクトでこう「ここから行くよ」って言うさ、そういうのってある程度技術もあるプレイヤーじゃないとできない。歌う側としてもさ、「ここを上げたい」って時があるんだよ。ステージの時突然ね。お客さんの感じからして、ここはいつも上げるとこじゃないけど上げたいって時が。そういうのが比較的やりやすいメンバーがG.G.Bには揃ってる。「GGB」の頃、俺はギターも弾いててツインギターだったから、俺が上げたい時にボリューム踏んでガーって勝手に上げたりとかしてたんだけど、それ、もう要らなくなった。アイコンタクトできるようになった事と、Morlyが入った事で……
w:自然にできちゃう。音も厚くなった。
t:3人が後ろの演奏部分を完璧にやってくれるから、俺はギターを持たなくてもよくなっちゃったんだよ。本当にお客さんだけ向いてれば。で、なにか要求あっても合図を送ればぽーんってあげてくれるから、そういう意味でも、Morlyが入ったのはすごい大きい。
w:あとEMINEMI? とりあえず車が汚い。
メンバー:(笑)
E:なんなの関係ないじゃん。
w:びっくりするよ。だってパンダの衣装とか洗ってないって言うんだよね。
ーー衣装は各自持ち帰りなんですか?
w:持ち帰りなんだけど洗濯するしないは自由なんで。
t:元々持ち込んだのはあいつ(EMINEMI)です。
w:被ってみなって言われるんだけど、不衛生なのを知ってるから被らない。命が惜しいんで。演奏に関しては本当に、こちらの望む事をしてくれてるんじゃないかなあと思ってますけどね。あとはちゃんと洗濯してくれれば言う事はなにもない。
t:本当に、意外と覚えいいんだよな。
w:miyukiは回を重ねる毎に良くなってるんだけど、コーラスはまあまあなんだけど、とにかくプレイヤーって部分ですごく前に出てて。kei超えをするって言ってるから、今後の弾けようが楽しみです。ただ小道具に頼らず自力でやって欲しいなと思うけど。
t:そお? 俺としては全然いい。もっと増やして。
w:良いんだ?
メンバー:(笑)
w:あとは、keiはフルメンバーでステージをした事ないのが惜しい。
m:大事なこと言っとかなきゃいけないの忘れてた。1個はねえ、ライブの時にいっつもすごい怖い瞬間が1個だけあって、ドキドキするのタイちゃんのMC。
t:面白いじゃん、饒舌じゃん!
m:だからMCが上手になれば良いのになあって思う。あとパンダのファンクラブを作ってください。
t:お客さんが、自主的に持ってきて欲しいよね。
w:それを待ってる。
t:通販やる? パンダーラ(miyuki作成マスコットキャラ)の。
ーー次はEMINEMIさん。途中から参加したので自己紹介から印象をお願いします。
E:パンダのめちゃめちゃ可愛い方です。あの浮浪者みたいなボーカルの人は、いつも私の事をデブデブって言ったり、体の事を言ってくる人です。
w:それだけかよ。
メンバー:(笑)
E:で、waiちゃんは本当はEMINEMIの事をデブだと思ってるかもしれないけど、そういう事は言わず「可愛いね」って言ってくれる良い人です。
w:誰がんな台詞言うかっつーんじゃ。
E:miyukiはいつも練習の時は、ドラムのXXLさんから怒られていてかわいそうな時があるので、いつも慰める役なんです私は。
w:小学校の作文じゃないんだからさ(笑)。
E:でもmiyukiがいるkのですごいたくさん踊ります。
w:楽しかった運動会。
メンバー:ウンドォーカァーイ。
E:あと、XXLさんはすごい怖そうにみえて、いつも怖い事を練習の時には言うけれど、本当は優しいのかな?
w:疑問系かよ。
メンバー:(笑)
E:優しい。とてもドラムが上手だと思います。
t:音楽を良く知ってる人だよ。リズムキープ苦手だけど。
ーーたまにドラムが走りますよね。
t:やるやる。あれはね、ステージの雰囲気に合わせて彼は意図的にやってるわけですよ。彼はリズムマシーンじゃないんですよ、ドラマーなんですよ。
w:そうそう。基本的に音楽って、レコーディングとかは別かもしれないけど、同じテンポで行くもんじゃないからさ、メリハリが必要でしょ? それが生きてる音楽だと思うから。
t:でもたまに走るのは事実(笑)。
E:Morlyさんはすごいいつでもニコニコしてて一緒にいると楽しくなります。keiは、ちょっとしか一緒にいなかったけどまた一緒にやりたいです。
ーーまだメンバーですよ。
メンバー:(笑)
E:早く日本に帰ってきて欲しい。
t:日本にいるんだよ! 熊本は日本なんだよ! 言葉通じねえけどな。
ーー今回特集で「あなたのホッとする場所、隠れ家。」というのを訊いて回ってるんですが。
t:俺茅ヶ崎に住んでるんだけど、近所にすっげー安くて美味しい炭火焼屋さんがあるんです。「ピカピカ」と言います。席は18卓くらいしかないんだけど、そこは非常に居心地がいいですね。週3〜4くらい通ってるかな? かかってる音楽の選曲がすごい気持ちいいんだ。料理もいいんだけど、BGMが良くて長居しちゃう。そこで結構バンドの曲、何曲も歌詞を書き上げてます。
w:メンバーといる時間が、一番心地よいかもしんないですね。どこって限らず。例えばXXLさんと飲みに行きます、あとスタジオ行きましたとか、スタジオが終わってミーティングしてますとか、その時にいる場所っていうのは、結構俺の中では心地よかったりしますね。わかり合えてる音楽仲間っていうのもあるし、音楽だけの繋がりでもなかったりするから、そういう仲間と一緒にいられるっていうのは心地いい。隠れ家ではないんだけど、バンドが一番居心地が良くてホッとする場所ですね。
E:ホッとするところだったら会社のトイレ。会社のお手洗いか、デパートのお手洗い。綺麗な。
ーー家のとかそういうところじゃなくて。
E:外でします。
t:理由は?
E:なんでだろー? なんか本とか読みながら。
t:迷惑な奴だな。
メンバー:(笑)
ーー今後バンドの展望として、といういう形でやっていきたいかを。
t:これねぇ、メンバー間に多少ズレがあるかもしれないけれども。
E:んー、さらにパンダ様を前面に出していきたいです。どんどんアイドルになっていきたい。
w:とりあえず高みを目指す。
ーー高みってどういうのですかね? 米米クラブ?
w:真珠から出ようか、俺がね。あとはさっきから言ってるけど、やっぱね、うちのバンドを売り込んでいきたいっていうのもそうだけど、リーダーさんの声を世の中に知らしめないまま終わるのはどうかなと思うから。リーダー様の声を世界にね、いい方向に持っていきたいなと。それがバンドの前進になると思う。
t:元々音楽をやっている理由ってのが、職としてお金を稼ぐためなんです。なのでそこらへんはやっぱりシビアにやって行きたいと思ってます。僕らは音楽を「趣味」としてはやっていないわけで。現状「職業」にはできてないんだけれども、「職業」に近い状態で進めてるんで、そのスタイルは崩さずに続けていこうと思ってます。あとやはりお客さんを最も大切にしたいね。お客さんが僕らのライブを観にきてくれて、それから「面白いバンドあるから一緒に行こうよ」って言って誰かを誘ってくれて、他のお客さんをまた連れてきてくれるんですよ。その人たちに恥をかかせたくない。
ーーはい。
t:だからこそ楽しいステージを作り続けなきゃいけないし、バンドのスタッフに恥をかかせられない。内輪受けのバンドにもなりたくないね。これからも楽しいステージを目指していきまーす。
ーーでは締めの一言をお願いします。
t:このバンドは、ぜひライブで観て欲しいです。レコーディングもこれから入ります。今販売してるCDって、ホーンが入ってないんですよ。今のスタイル、ホーンが入ってるパーティバンドスタイルが僕らの真骨頂。CDで聴くよりステージで観て欲しいので、ぜひともライブを観に来てください! 損はさせません!
E:パンダを観にきてね。
メンバー:(笑)
t:パンダを着て、観にきてねみたいな。
ーーありがとうございました。


そしてなんと続きがあります。

... 続きを読む
スポンサーサイト
Bang-Dollさん、やってくれちゃいましたインタビューです。とっても楽しいお話ありがとうございました。

ーー自己紹介からお願いします。
良介:ボーカルでブルースハープ吹いたりしてます、片岡良介です。
T.K.S:ギター弾いてますT.K.Sです。
You.:ギター弾いてますYou.でーす。
良介:じゃあ豪くん。あ、言っちゃった。
豪」豪くんでーす(笑)。
メンバー:(笑)
豪:ベースの豪くんでーす。
弘樹:ドラムの弘樹でーす。
ーーBang-Dollさん何回もメンバーチェンジしてまして、現在T.K.Sさんが入って……
良介:第13期です。長くやってますね。おっさんバンドって言われることもあるけどおっさんは俺だけ(笑)。残念だけど解散もしないから。
ーーT.K.Sさんが入ってどんな感じでしょうか。
良介:T.K.Sが入ってね、第13期Bang-Dollということになって。Bang-Dollっちゅうのは基本的にメタルテイストでいろんな曲があるんだけれども、T.K.Sがまたいろんな曲持ってきてくれたりするんでバリエーションに富んだバンドに更になったと思います。
T.K.S:そうそうそうそう、いいこと言う。それこそがBang-Dollですね。
メンバー:(笑)
T.K.S:すいません、調子ぶっこいてました。
良介:じゃあゆうこりんのモノマネで。
メンバー:(笑)
ーーメンバーさんからみた他のメンバーさんの印象というのを、良介さんからお願いします。
メンバー:あー。
良介:みんな言葉を濁してるよ(笑)。
T.K.S:しっかりした子供ですね。
良介:(爆笑)
T.K.S:すごいしっかりしてるんですよ? でもこう……なんかお茶目な。子供みたいなところがあるよっていうことですよ。
弘樹:キン肉マンです。
良介:筋トレしまくってるからってことだと思うよ。
You.:いるも体を鍛えて。
弘樹:そうだよね。体鍛えてますからいつも。筋肉隆々キン肉マンです。
You.:間違ってもあのキン肉マンではないんで。
良介:牛丼ばっかり食ってる人みたいな。
ーースグルではないと。
メンバー:(笑)
You.:なんて言ったらいいんだろうなあ。これ以上ないボーカリスト?
豪:いい意味で二面性があるかなと。こう真面目な部分もあるしね。だからいいバランスは取れてると思うけど。ボーカリストとしてはもうバッチシね。
ーーじゃあメンバーから見たT.K.Sさんを。
良介:T.K.Sは、21歳に見えない!
弘樹:もやし。
メンバー:(笑)
弘樹:もやしみたいないい男ですよ。それなりに安いけど栄養あるんじゃないですか?
You.:T.K.Sはねー、犬だね。
T.K.S:わんわん。
メンバー:(笑)
豪:確かに21際には見えないけど、ある種天才というか。一番うちの中じゃ「ミュージシャン」してる人。ギタリストとしては歳には合わないことやるけどバッチシよ。
You.:けど犬みたいに可愛いやつなんですよ。
メンバー:(笑)
ーーではギターつながりでYou.さんを。
良介:頭いいっすよ。多分思い描いてるビジョンが頭の中にあって、それを追求してるこだわりの人。
T.K.S:最初会って話した時はミステリアスでわかんない人だなーと思いましたけど、まあでも今でもミステリアスな。
メンバー:(笑)
良介:T.K.Sが話し出した瞬間からわかった、このオチが。
弘樹:Hです。
良介:あーそうだそれ言うの忘れてた!
You.:すいません(笑)。
豪:You.ちゃんはオーラがある、すごい。ある種カリスマ性みたいのを感じる。ステージで本当こう、そこだけパッとしてる。だから華のあるギタリスト。hideさんとかSUGIZOさんとかそういう感じの。
ーーでは豪さんの紹介をお願いします。
良介:労働者。肉体労働者。
メンバー:(笑)
良介:印象じゃねえし(笑)。あれだね、多分俺と同じくらいBang-Dollの中で音楽の知識がない人。コードとかね? でも好きで一生懸命やってて、もう感性でやってるって感じかな。音楽の知識はないけど音楽の世界の知識は豊富。飲みの席とか。先輩とかね。色々教えてもらってますよ。
T.K.S:やっぱベーシストですね。ベーシストなんだけど、THE・ベーシスト。よく周りを見ててね。要はゲーハーのブーデーのレーシャクですよ。ジャパメタ詳しいしね。もう(伊藤)セイソク並みだよ。
弘樹:一気(呑み)早いよ。
ーー人間像じゃない!
弘樹:後輩思いのいいやつですよ。
良介:いじめも愛だね。
弘樹:よく呑みの席で後輩どもを一気で叩き潰してます。そうやって世間の厳しさを教えてるみたいですよ。
良介:俺たちは「また始まった」でいいんだけど、初めててみたお客さんとかがすごい引いたりしてる時があってそれが面白い。
You.:豪くんは喧嘩強いですよ。
豪:したことないじゃん(笑)。そういう時にしたことないでしょ!? あの人でしょ、するのは(笑)。
良介:え!?(ビクッ)
You.:ああ、あの人ね(笑)。それは置いておいて。まあひーくんも言ってたけど、兄貴的な存在。
良介:おっ! かつお父さん的な。
メンバー:(笑)
ーー最後はリーダーの弘樹さん。
良介:弘樹は5歳児です。一番このバンドで付き合い長いんだけどね、手間かかるけど面白いです。まあ「ああしたらこうなんだろうな」っていうのはお互いわかってる。付き合いが長くなってくると形容する言葉が見当たらなくなってくる感じで。ま、一番的確のは5歳児。
T.K.S:んー……弘樹くんはまあ、スルメですね。噛めば噛むほど味が出るわけですよね。まあ要はですね、酒の回りが早い人です。
メンバー:(爆笑)
良介:そうそうそう! 酒の回りが早くて。
豪:効き目がいい人です!
良介:抜群の人!
T.K.S:機材を片付ける時にできあがってるもう(笑)。
良介:で、記憶がない。
You.:酔っ払ってるか、いないか、の境目がわかりやすい人。
ーーもう座敷とかだったら本当に寝てますもんね。
良介:寝ることも多いけど、それは最終的になんだけど。
You.:ひーくんはね、頭脳は子供、体は大人、迷探偵ひーくんです。
メンバー:(爆笑)
良介:ちょっとYou.ちゃん、今の照れながら言ってる(笑)。
弘樹:……終わり!?
メンバー:(笑)
You.:あ、もうちょっと言ってほしい? ひーくんはね、ビールが好きです。あと……
良介:あと女が好きだね(笑)。
You:氷結のグレープフルーツも好きなんだよ。
良介:いや、なんか流されたっぽいけど、それより女だよ。ビールの次に女だよ。
豪:どうしても女にくっつけたいらしい(笑)。弘樹くんは同じリズム隊としてこれだけ引き出しの多いドラマーはいないなと思って。最初やった時にね。なんでも叩けるしなんでもこなせるし本当にいいドラマーですよ。でね、酒は本当にね、Bang-Dollの方で一番強いと思う。オールマイティになんでも飲めるし一番酒を知ってるし。
ーーでも寝てますよね。
良介:終わりとペースを考えずに飲み続けるからいきなりそうなっちゃう(笑)。
豪:でも本当に量的にずーっと飲めるのはこの人かな。
良介:あと弘樹のお父さんはプロの演歌歌手。
弘樹:ポリドールとクラウンから出してます。メジャーデビュー最近されてるんですよ。
良介:全然昔やんけ。
メンバー:(笑)
良介:今からされてもな。
ーーでは今回インタビュー内特集で「あなたのホッとする場所、隠れ家。」というのを訊いて回ってるんですけど、なにかありますか?
良介:まあホッとする場所って言ったら、やっぱ中野? 隠れ家は中野のブロードウェイ。あれがもうホッとするね。あそこ行くと一日中いても飽きないし。すごいオススメ。デートとかもいいんじゃない? 俺はいいと思うからオススメするんだけど、他の人がそれ聞いて真似て、彼女とか連れてったら引かれるかもしんないけど(笑)。
T.K.S:まんだらけっすか?
良介:まんだらけって言うか(ブロードウェイの)ディープじゃん全部が。化石を売ってたりさ。だから入って見るまでは引かれると思うけど入ってみたら結構面白いの。はい、オススメリポートでした。
T.K.S:えーっと……
良介:お前は段ボールだよな?
メンバー:(笑)
T.K.S:あのいけふくろうのね。
良介:石のフクロウの前に段ボールひいてな?
T.K.S:そうそう、そこが一番落ち着くー……って
良介・T.K.S:なんでやねん(同時に)。
T.K.S:やっぱり自宅でしょうね。僕は引きこもりなんで。引きこもらないと曲も書けない。
良介:女連れ込めないんでしょお前?相部屋っていうか一つの部屋に一緒に住んでて、隣が元メンバーのベース。ごっついのね。女連れ込むとその彼氏が怒っちゃう(笑)。
弘樹:僕上野のアメ横。落ち着きますねー。
ーーどこらへんですか?
弘樹:あのー、細いところ。
メンバー:(笑)
弘樹:ちっさいお店がばーっと並んでるとこ。知ってる?
ーー御徒町に行く方面ですね。
良介:まあ下町っぽくて落ち着くわね。
弘樹:そうそう。下町とか結構好きなんですよ。で、隠れ家は隠れ家なので教えません。
You.:隠れ家……か落ち着ける場所。てか君、ものすごい期待して俺を見てるね(笑)。
ーーええ。
You.:それはやっぱ愛人宅ですねー。
ーーきましたねー。愛人っていうことはまず恋人がいるんですよね?
良介:や、全部愛人だもんね?
You.:そうだねえ。
良介:この前で何人だっけ?
You.:50……
良介:だよねえ。キャサリーヌの次でしょ?
You.:でも落ち着ける人といるか、ひとりでいるんだったら喫茶店とか好きですね。コーヒーの匂いが好きだから。
良介:豪くんは……現場(笑)?
豪:の、詰所(笑)。詰所で職人待ってる時。落ち着く場所とかあんまないけど、電車の中でウォークマンとか聴いてる時。
良介:あれじゃない!? 打ち上げ帰りでパッて目が覚めたら電車が何往復もしてた時。
豪:あれは落ち着かないから!!
メンバー:(笑)
T.K.S:まあでもこんなこと言ってますけどやっぱこの5人でいる時が一番落ち着きますよ。
豪:おぉーっとなんだおまえその(笑)。
弘樹:あ、そう俺ね、喫茶店で思い出したわ。本当に昔隠れ家にしてるとこあったわ。(仕事が)終わって必ずひとりで行くバーみたいなのがあったのね。ショットバーみたいなとこ。
You.:いいねーそういうのね、いいなー。
ーーでは今後第13期の展望をお願いします。
良介:前に雑誌のインタビューで「来年のBang-Dollはどうしますか」みたいのがあって、「アジアツアーとか韓国GIG」って予定だったんだけど。そのインタビュー以降にメンバーが辞めてしまったというのもあるし、あまりにも周りのバンドが(海外ライブを)やりすぎてるんでやりません。そのかわりなにか驚くことをやろうと考えてるんで、そのうちわかるかなと。バンドの動き自体は今絶好調にいい調子なんで、普通に考えればこのまま突き進んでいって、メキメキと人気者になって、女の子にモテます!!
弘樹:モテまーす!
豪:モテまーす!!
T.K.S:いや俺は別に……
メンバー:(笑)
良介:来年頭ぐらいとかにはなんかびっくりするようなことができたらな、と思ってます。10/20にBang-Dollはちょうど7周年を迎えるんだけど、渋谷O-WESTでGIGります。
弘樹:ちょうど7周年にデンジャークルーのイベント。
良介:ちょうどっていうか毎年ちょうどがくるんだけど(笑)。今までの10/20って、別にイベントもライブもやってなかったんだけれど、7周年っていわゆる「ラッキーセブン」だし(笑)。それ以上のことやそれ以降の予定は決まってるけれどまだ秘密。あ、でもまだまだ頑張っていきますよ(笑)。
ーーありがとうございました。
DVDシングル発売も決定したビリーさん。「憎んだ笑顔」リリースによって始まる第2期ビリーについて、初PV撮影について焦点を合わせて語っていただきました。

ーー自己紹介からお願いします。
ミネ:ギターのミネです。
Takuma:ギターのTakumaです。
YU-KI:ボーカルのYU-KIです。
ツブク:ベースのツブクです。
広志:ドラムの広志です。
ーー先日のPV撮影という初の試みはどうでしたか?
YU-KI:初めてで戸惑いましたけれどいい感じにことが進んで。イメージ的にもね。
ーーだいぶ長丁場でしたけれども。
YU-KI:そうですね。その辺に関してはツブが一番喋れるかと。
ツブク:寝てたよ。
YU-KI:寝てたからね(笑)。
ーー弾きっぱなしでしたよね。
ツブク:前半弾きっぱなしの後半寝っぱなしみたいな。ONとOFFの差が激しいんですよね。スイッチをちょっと切り替えないと。
メンバー:(笑)
ーーそれぞれ感想があるかと思うんですけど、特に今回絵コンテを描いたミネさんはどうでした?
ミネ:初めてだから、バンド紹介的に考えて顔出しとかそういうのがメインですけど。色合い的なものは考えてやりましたけど、そんなに映像に対してはストーリー仕立てとかそういうのはなく。そうですね、雰囲気、色合いっていうのは曲にマッチする意味では予想以上で。照明とかは自分たちの仕事じゃないから考えてもないわけで、実際セットで照明が入って組んでみると「あーそれっぽくなってきたなー」って。安っぽくはしたくなかったので、それだけはディレクターさんと入念に打ち合わせて話をしましたが。
ーー今回「憎んだ笑顔」というDVDシングルがでるわけなんですけれども、歌詞の中に『ベイビーズグッバイ』から入っている<ずっと友達でいようね。>というのがキーワードだと思うんです。それについてなにかヒント的なことを教えていただけないかと。
ミネ:<ずっと友達でいようね…>っていうのはミニアルバムのキャッチコピーだったんですけれども。これって一様に考えて完結するものではない。いつの時代でも誰でも男女問わず、思わず使ってしまう儚い約束だったりするんで。はじめはそういう意味合いをわかっていながらキャッチコピーに使ったんですけど。やっぱり意味を突き詰めるわけじゃないですか? 作品を作っていく中でその言葉を噛みしめるというか。そうすると、もっと輪郭をはっきりさせて完結まで導きたいなと。
ーーそういう思いが出てきたのが第2期ビリーの始まりということになるんですかね?
ミネ:そうっすね。ちょっと上品すぎた部分もあるので、演奏に対しては。次はもう少しアバンギャルドにって部分は見せてやりたいなーっていうのが始まりですね。もう綺麗事ばっかりで納めたくない。バンド側の伝え方としては。辛い事とか切ない事苦しい事をもっとリアルに突きつけたい。その中で答えを見つけるっていうのがあるので、それをもっとよりリアルにしたっていう感じですね。
ーーこれから第2期ビリーが始まりますが、メンバーさんとしてはまだ第2期のライブはやってないわけですよね。
YU-KI:バンドお披露目イベントの「ダシヌキ」から「ビューティフルグッバイ」っていう鹿鳴館ワンマンでひとつの区切りとして、新たな気持ちに向かってという部分ではもう始まってはいます。それの形にしたコンセプトとして『憎んだ笑顔』を出すっていう。
ーーあのジャケットが印象的な。
YU-KI:そうですよね。まあ全て仕組んできましたから、ここまで。
ーー非常に楽しい撮影現場でしたね。テンションがおかしくなってましたが。
YU-KI:日常あんなに気を張る事ってめったにないわけですよ。作品作るにしろ表情は見られてないですし。あれだけ多くのスタッフ、制作の方がいてくれて、俺らがだらけてるとやっぱりやってくれてる方も。その辺でも結構気を張ってたんで明け方日が昇ってくると……
Takuma:楽しくなってきちゃうんだよな。
ーーメンバーさんからみた他のメンバーさんの印象をお聞きしたいんですけれど、まずYU-KIさんの印象を。
ミネ:ずっとYU-KIを主人公にして曲を作ったりライブを組み立てたりしてるので。同じメンバーですけど、メンバー間でオーディションをしたとして一番主役になるべき人間だなと。可能性も含め、兼ね備わっているものも。今までもそうですしこれからもずっと期待をしていこうかなあという。
Takuma:ずっと一緒にやってきてるんで……なんですかね、俺の中のヒーローですね。
メンバー:(笑)
Takuma:ヒーローですよ。バンドやるにしても常にこの人がいてって感じなんで。
ツブク:やっぱりビリーには必要不可欠な。YU-KIくんがいて始まるみたいな感じだと思うんで。彼がいてビリーがあってみたいな、バンドの顔的な存在だと思います。
広志:今回のPV撮影でも思ったんですけど、やっぱ素直にかっこいいやつだなと。やるなこいつ的な感じを(笑)。多分違うバンドでやってたとしても「このボーカルかっけーな!」って思う奴じゃないかなって思います。
ーー次はTakumaさんをみなさんから見て。
YU-KI:Takumaはですね、お互いにヨイショヨイショして何年も頑張ってきたやつなんで。やっぱり俺と一緒でいい意味で進んでますし成長してますし。やっぱり「一緒にやってきてよかったな」「これからも頑張りたいな」って気持ちですよね。だから結構Takumaに助けられた部分とか、アドバイス的な事とか。これから新しいものに向かって一緒にやっていきたいなって。しっかりしてるいいやつですよ。
ミネ:なんていうのかな……分身というか……影武者とか言っちゃう(笑)?
メンバー:(笑)
ミネ:影になっちゃう(笑)。
Takuma:影になっちゃいますからねえ(笑)?
ミネ:自分で喜んでるし(笑)。だから分身というか、ツインギターをやる時っていうのはお互いぶつかりやすいから。それも自分で曲作る時に考えたら、変な言い方「自分がもう一人いればいいのにな」って思っちゃう時とかもあるんですよ。そうなる時にTakumaって人間が俺に対して一番理解を示してくれるし、俺が求めてそうな事をちゃんと出してくれるし。まあ似てるんでしょうね。ただ音がぶつかるって事はないですね。分身だからわかってるという。俺がこう弾けば「こう弾くだろうな」っていうのは予想してるだろうし。「そしたら俺はこう弾こう」って出してくるものは、あーやっぱわかってんなーっていう。最高の相方なんじゃないかと思います。
ツブク:同じ下手としてステージからたまにちらっと見えた時がすごいかっこいいなと思うし、音もすごく好きだし。普通にプライベート、ライブ以外ではいいお兄ちゃんだな的な存在ですね(ぺろっ)。
Takuma:舌出してる(笑)。
広志:一番プライベートでもしょっちゅう会ってたりする、気兼ねなく結構いろんな話もついつい漏らしてしまうような。
ーーではベースのツブクさん。
YU-KI:こいつはねえ……(笑)。いやいいやつなんですよ。なんだろう? 一番なんか奇抜っていうか。手短に話をまとめたくないやつなんですよ。なんて言ったらいいんだろうね君はね?
Takuma:印象がねえ。
YU-KI:いやありすぎちゃって。ビリーというチームがあったとしたらその中で一番ユーモアのセンスが優れてるやつだなって。盛り上げるにしても「みんな頑張ろうぜ」って一言にしても一番説得力があるというか。結構一番まっすぐで弱々しい突っ込み方をしないやるっていうか、勢い良く飛び出せる力はすごいあるなっていう。それはもうビリーをやっていく上でどんどんわかってきてる事ですし。これからも頑張ってください。
メンバー:(笑)
Takuma:偉そうだけど大丈夫(笑)?
ーーすごい激励のメッセージですね。
ミネ:俺がメンバーを一人一人誘ってきたので、やっぱそういうポジションから。誘う時にその時のそいつのかっこよさもそうなんですけど、これからこいつ化けそうだなっていう可能性も含めて誘ってるんで。ツブはもう一番それが見えてた感じがするくらい。けど逆に思わぬ拾い物……っていうとおかしいけど(笑)、「すごいメンバー誘ったなー」っていうのがはっきりとわかるぐらい。「これぐらいこの男は弾けそうだな」「これぐらい自分を出してくるだろうな」っていうツブによそうしてた事が目に見える。
ーーツブクさん自身はバンド経験が少ないんですよね。
ミネ:まあ若いからね。でも「すごいなー」って。誘ってみて前のライブ観て「この子とバンドやれたら面白くなりそうだな」って。それでもまだ活動して半年かそこらだから、欲が出るからもっとやってくれるんだろうなって。
Takuma:何事に対しても器用なやつでね。例えば同じ下手でステージに立ってても、下手ってどうしても二人いるんである程度動きが決められちゃうじゃないですか。そういうとこをあまり気しないでできるやつ。そうなったのが早かったんですごく器用なやつだなあと。
広志:リズム隊の相棒としてやってきてるわけですけど、まだ1年も経ってないのにここ最近ライブとかでも後ろで見てて合わせやすい動きとかもしてくれるんで、結構助けられてる感じがします。これからも宜しくお願いします。
メンバー:(笑)
ーーでは広志さんを。
YU-KI:いつもインタビューの時にドラムの話しかしないから違う一面の話もしてみたいんですけど。
ーーいいんですよ? 一人だけ寿司屋に行けなくて甘エビが食べたかったとかそういう話でも。
メンバー:(笑)
YU-KI:基本的に魚介類が苦手って話をさっき聞いたばっかりなんですけどね(笑)。広志は普段食わないんですよ、ご飯を。そんなさっぱりとした体からは想像もできない爆発的な音を奏でるビリー広志ですけれども。やっぱり(リズムが)かっちりとしてて、広志にバンドの土台として全て任せられるから気持ち良くセンターで歌っていられる俺がいるっていう。それは前のバンドがなくなって広志と一回離れるって頭があって、また広志と組めるってなった時にやっぱり心地よかったですし安心しましたし。本当に心からありがとうっていう感じで。
ミネ:広志はやっぱりご飯をいっぱい食べたほうがいいと思いますけど。
メンバー:(笑)
ミネ:ずっと「かわいいかわいい」と可愛がってきましたけど、やっぱよくよく考えると謎が多いなあと。単純な話「なんでこいつこんなにドラム上手ぇんかな」っていうのを最近。まあ天性のものもあるんでしょうね。人知れず努力でもしてるのかなあと思いきや、あんま生活パターン読んでも練習してるように思えないんで。
ーー練習してるんですか?
広志:陰で。
ミネ:いやでも、上手いのは良いです。ありがたいので。これからも下手にならないようにしていただければ。
YU-KI:(笑)
ミネ:かわいいっていうのは変わらないので。
Takuma:広志もさっき言ってたんですけど、一番プライベートとかでも良く会ったりする。一番仲良いですかねー。ドラムに関してはもういうことはないくらいの。上手いんでね。これからも一緒に頑張っていこうよって感じっすね。
ツブク:広志くんは初めて観た時からすごい衝撃受けて。ドラム上手いし、細いし、白いしって。で、演奏しててもすごい合わせやすいドラム叩いてくれるしで、なんか一回いっかいのライブでどんどん柔軟性が増してる感じがするんで。それがずっとやっていけたらなって感じっすね。
ーーでは、メインコンポーザーのミネさんについて。
ミネ:どう思われてるんだろ(笑)。
YU-KI:一緒にやるって言ってミネくんと真剣に向き合った時に、考え方とか「悔しい」っていうのは生まれますよね。ですけど必死に齧り付いていってるわけでもありませんし、素直に「この人の考えたことを一緒にやりたいな」っていう。「この人の考えに自分の考えをのっけたいな」っていう。知り合ってもう何年か経ちますけど、ミネくんと今までの俺の付き合いの中で、ビリーになって知ったことっていうのは改めてすごいいっぱいありますし。思い返せば本当にこの人がいるから「バンドやりたい」ってのも思ったし。その人と一緒のバンドなんだから「ビリーのYU-KIも生半可な気持ちじゃできないんだな」っていう、常に心の中のプレッシャーっていうか、中途半場じゃないって気持ちでいれるのはこの人がリーダーでギター弾いてるからだって思うんで。その癖普段は全然俺らと同じくらいキャピキャピしてますから(笑)。本当いつまでもお元気でいてください(笑)。
Takuma:元々目標としてる存在だったんで、一緒のバンドでやるようになって、誘ってもらって。まあライバルじゃないすか? ツインギターって。色々複雑ですけど、それでもやっぱギターのフレーズとか一つ一つがかっこいいですよね。そういう目が釘付けになるってのもあるし。リーダーとしてもバンドをまとめるっていうのがもう完璧というか。頼れるリーダーですね。
ツブク:ビリー始める時に誘われるまでそんなに面識はなくて。誘われて初めて知り合った感じだったんですけど、一緒に飯食いに行ったり話したりして、考え方とかすごい好きだし、曲とかも構成とかもなんか「俺と発想が違うな」っていうのが最初あって。やっぱすごい面白いこと考えるとことか、曲もかっこいいし。考えること考えることすごい納得させられるんで、いいリーダーです。
広志:非常に多才で器用なお方だなあとずっと思ってて。
ミネ:恐縮です(笑)!
広志:色んなパターンの曲とかも作ってきてくれるし、プライベートでの過ごし方っていうのがアイディアに繋がってるんだろうなってのがあるんですけど。もう努力っていうかセンスとかもあるんだろうけど、「努力すればこんなこともできるようになるんだな」っていうのをいつも俺は思ってます。例えば今回のPV撮影とかの色々もあるんですよ。
ーーありがとうございます。今回インタビュー内特集で「あなたのホッとする場所、隠れ家」というのを訊いて回ってるんですよ。
YU-KI:ホッとする場所……高原?
ーー高原?
YU-KI:僕栃木県出身なんですけど、栃木には那須高原って場所があるんですけど、そういうとこフラっと行ってぼーっとするのが好きですね。あと海みたりとか。
ーー広いところが好きなんですか?
YU-KI:広いところっていうか、景色ですよね。その時の気持ちで感じられる場所とか、それで浸るのとかすごい好きですね。
ミネ:俺は東京自体が好きなんで。賑やかな場所が好きですね。なんか田舎にいると生きてる気がしないので隠れるというか、むしろ人ごみの中にちょっと早歩きでいる自分が好きだったりするんで。
Takuma:俺は喫茶店好きです。ベローチェ大好きです! ベローチェでロイヤルミルクティーを飲んでる時が一番ホッとしますね。
ツブク:静かなとこが好きです。静かで暗いとこが。いるとすごい落ち着く。エンドロールが終わったあとの映画館の中とか好きですね。
ミネ:うっそー。俺エンドロールとか観ねぇ。
ツブク:観ないんすか!?
ミネ:観ない。
ツブク:エンドロールでちょっと(内容を)思い返すんですよ。
ミネ:エンドロールのあとにさ、続きがあったりする映画があるじゃん?
ツブク:ありますね。
ミネ:それ思うと見逃せないなと思うんだけどきついんだよねー。
広志:俺は漫画喫茶が大好きです。
ーーはい。では今後バンドの展望として、皆さんどういった心境で第二期を迎えますか?
YU-KI:やっぱりその一つ一つのものに対してどう思うかっていうのを自分なりに感じて人に吐くだけなんで。別に自分をどう変えようっていうのは考えてないですよ。ただビリー少年でありたいっていう。
ミネ:第2期…誰が言ったか知らないけれど第2期ですよ。そうですね、「これで第1期が終わり」っていうのは決めてあるのでそれを早く達成できればなと。それでやっとゼロポジションかなって思うんで、それを達成した時に。だからそこに行かないと話にならない。バンド始めてる意味がないので。まあなにがなんででも食らいついてでも頭ひねってでもどうにでも行って、達成するぞという気持ちであります。
Takuma:まあ自分をどう変えようとか、第2期だからっていうのじゃなくて、よりもっと自分を出していこうっていうのはありますね。
ツブク:第1期とか第2期とか区切りは、俺の中でそんな気にしてないです。これから自分のできる限界プラス周りが求めてることプラスアルファのことができればなという感覚でいつもやってるんで。
広志:俺もみんなと同じで特にはないです。いきなり自分のスタイルを変えるよりは自分のいいところをもうちょっと発見してそれを伸ばしていこうかなとは思ってます。
ーーはい、ありがとうございました!
滋賀の産んだポップロックスバンド、JERRY BEANSさんです。
色とりどりの楽曲を生み出す彼らに、突然のインタビューを申し込んだら快く受けてくれました。



ーー自己紹介からお願いします。
史朗:ボーカルの山崎史朗です。
司:ギターの宇野司です。
雄介:ドラムの山崎雄介です。
典之:ベースの八田典之です。
雄介:史朗とは双子です。
ーーどちらが兄ですか?
雄介:俺の方が兄です。ドラムの方が兄で、ボーカルの方が弟です。
ーーなるほど。JERRY BEANSさんの結成の由来とバンドのコンセプトをお願いします。
典之:もともと友達同士で毎日遊んでて、ちょうど楽器にみんな興味持ち始める年頃ってあるじゃないですか。その頃にそれぞれみんなバイトして買って、一緒になんとなく合わして自然な感じでバンドになった。「バンド組もうぜ」とかなくて。で、最後に史朗がボーカルで入って結成。
ーーその前まではボーカルは別の方だったんですか?
典之:特にいなかった。3人で。
雄介:そうですね。(自分たちは)部屋の2階でやってて、(史朗は)1階にいるみたいな。幼馴染なんですよみんな。実家の方で遊んでてその遊びの合間にそうなっていったって感じで。
典之:史朗が入ったっていうか……。
雄介:合わせたみたいな。合わせてじゃあバンド名決めようみたいな。
ーーバンド名の由来は?
雄介:典くんがもってきて。
典之:なんか「ズ」がついてるのが。
雄介:響きがいい。特にな、俺は名前も浮かばへんかったしな。
典之:最後に史朗が入ったってことで、最後にSがついてるのがいいなあつってて……それは嘘ですごめんなさい。
メンバー:(笑)
典之:いろんなカラーがなって。
雄介:で、やっていくうちに曲書いたり、みんな各々それぞれ書いたりしてて、4人の個性がいろんな色になって、「あっちょっとゼリービーンズっぽいやん」って。そういう意味にしよっかって。
メンバー:(笑)
ーーメンバーさんからみた他のメンバーさんの印象なんてのをお願いしたいんですけれども。
司:俺からみた山崎史朗は、男の子にモテるタイプ。
ーーああ、なんかわかります。
司:うん。逆にドラムは女の子にモテるタイプ。
典之:それはわからへん。
雄介:いやモテへん。
司:男の子に好かれるタイプで、やっぱり周りに友達が集まったりする。まあそういう魅力を持ってるので。
典之:俺から観たボーカルは、一言で言えば眼鏡。
司:みたいな見た目。
メンバー:(笑)
典之:伊達眼鏡。なんちゅーか、俺からしてみれば弟みたいな感じですね。女性からみた視線で書いた曲もあるんですよ。そういうのも歌いこなせる抽象的なボーカルだと思ってます。
雄介:中性的じゃない?
典之:ああ、そう中性的。これ使われるんやろな。
雄介:俺からみた史朗は、まあ双子なんで、しかも一緒に住んでるんで。僕の作った曲はメッセージソングが多いんですけど、それを伝えられるのはこいつだけかなって思ってるやつです。
ーー次はギターの司さん。
史朗:一番俺と一緒に女の子の話を聞いてくれる。一番友達感覚なギタリストです。ギターも良くなってきていいと思います。
司:なんつう気を使うコメントだおい。
典之:つかちゃんはすごい尊敬する面もあります。賢いっていうか。テンション自分でな、こう自由自在。
ーー操れる?
典之:俺にないものをもってるんで、すごいいろんな面で尊敬してる。
雄介:一番両極端やもんなメンバーで。
典之:うん。で、なんかまあ2歳年下やけど、特にその……
ーー年齢差を感じない?
典之:めちゃめちゃ感じるわけじゃないんですけど、でもつかちゃんはちょっと頼れるような感じです。すごい空気を読んで人を楽しませたりするのが得意でそういう面も持ってるし。けど、ちゃんと頭のキレる子で。ギターもすごいビート作ったりして、頼りになりますね。
雄介:一言で言うと癒し系。僕普段あんまり言わないでしょ。それを不満もなくまんま心の扉を開いてくれます。なんか独特の、江頭2:50的な動きをするんで、それが僕のツボにはまってね、非常に面白い。バンドに疲れても、笑わせてくれるとその疲れが飛ぶみたいな。
ーーではベースの典之さん。
史朗:典くんはしっかりしてて歌舞伎町のホストに誘われるぐらいの男前で。
雄介:さっき誘われた、ついさっき。実は2回目。
史朗:JERRY BEANSというバンドを、今まで引っ張ってきた人だと思います。これからも引っ張られていくと思います。一言で言うとリーダー。
司:俺も一番初めに出てくるのは、しっかりしてる印象で。やっぱり一番心が純粋な感じ。男前なのに中身も兼ね備えてる。
典之:照れるわ。
メンバー:(笑)
司:で、演奏面に関しても力強いベースで。うちのリズム隊は、ドラムの雄介が自由な感じで、それに典くんはちゃんと合わしていく。
雄介:結構自由やで(笑)?
司:雄介のドラム聴いて合わせて。ほんまJERRY BEANSとしてのベースって、一番親身になってる人だと思います。
雄介:一言でいうとまっすぐ。自分的にはこうかなり曲がりくねってるタイプなんですけど、彼はものすごくまっすぐ見る。人と人との向き合い方もまっすぐ見るタイプ。一番音楽性とかは似てるんですけど、正確な芯の部分は僕にない部分を持ってるんで、すごい勉強になります。ベースも6、7年一緒にやってきたんで、次なにするかとかすごい息が合ってわかるんで。これからもよろしくって感じで。
ーーではドラムの雄介さんをお願いします。
史朗:すごい可能性を感じつやつだと思うよ。俺らの年代のドラマーだったら一番やと思ってます。人間としては兄弟なんで、良くも悪くも家族って感じです。
司:やっぱりプレイヤーとして雄介のドラムに惹かれる人は多いし、その叩いてる姿もかっこいいし。そんでこう芸術性があるっていうかアーティスティックな感じがするってことで。世界観が一番あるやんか。いつもおとぎ話みたいな曲を書いて。
典之:俺一応リーダーなんですけど、結構バンドのこと引っ張っていける副リーダーみたいな感覚が俺の中にあって。いろいろこれからのことを良く話したり、頼りってか一人でいっぱいいっぱいのときとか助けてくれるって感じで。同じリズム隊としても俺はすごいやりやすくて。打ち合わせもしてないのにミスするところが一緒だったりとか。今まで一緒にやってきたからそういうのわかるのかなーみたいな。他のドラムの人より雄介の方がやりやすいですね。曲も雄介が作ってるのが多いんで、驚かされる一面も持った存在ですね。
史朗:他のバンドの人もこんなに褒めちぎってるんですか?
ーー褒めてる人もいれば、落としてる人もいますよ。
典之:つかちゃんは私生活で頼りになる感じで、雄介はバンド面で、史朗はなんか野放しみたいあん。
メンバー:(笑)
史朗:あのー、放し飼いです。放置プレイ。
ーー犬ですか。
典之:すくすく育ってくれ、みたいな。
ーー今回インタビュー内特集で「あなたのホッとする場所、隠れ家。」というのを伺ってるんですけれども。
典之:俺はもちろん自分の部屋が一番落ち着くんですけど、その中でも最近ね、ちょっと部屋を綺麗にしようとしてて。なのでタバコは部屋で吸わないようにしてて。トイレで吸ってるんですよ。そこが一番落ち着くかもしれない。
史朗:昔はゲームセンターの麻雀の上が憩いの場です。メンバーで一緒に住んでるときは家にいたくなくてずーっと麻雀の台を拾いコインで遊んでました。
司:俺はトイレが一番落ち着く。やっぱ外でちょっとしたくなっても帰ってからしようとか、20分とか30分入ってる。
典之:しかもお風呂も長いよな?
司:お風呂も長い。
典之:最高何時間ぐらい?
司:5時間とか6時間とかやから。
典之:寝たくなるでしょ?
司:うん。
典之:俺1回銭湯行って3時間入ってそのうち1時間サウナ入って、着替えてるとき床が揺れてました。脱水症状。
雄介:やばい。
典之:裸で救急車に運ばれたくないと思って必死に服着ました。
司:外で落ち着くのは綺麗なトイレがあるお店やな。
ーーウォシュレット派ですか?
司:あったらあったで使う。だから史朗ちゃんちのトイレは嫌いや。
メンバー:(笑)
雄介:俺はスタジオですかね。ドラムに囲まれたとこのスペースが。ドラムは囲まれて自分の空間になるんで、そこでみんなの顔を見てると落ち着く。ライブとかって緊張感があるじゃないですか。でもスタジオだとラフに演奏できるんで間違いなく落ち着きますね。
ーーライブの予定などがあったらお願いします。
典之:8月は全部滋賀、地元の滋賀県でやります。真野北祭りに。31日に地元のライブハウス、ハックルベリー本堅田ってところでやります。あとは9月16日に池袋のアダムってライブハウスでワンマンライブがあります。そのアダムってところは、上京して俺ら5年になるんですけど、初めの2年ぐらいずーっとお世話になってたハコで。一回卒業って感じで。いつか恩返しにワンマンでお客さんをいっぱい呼べるようになったらそこでしたいなって思ってたとこで。
ーーありがとうございます。では最後にインタビューを読んでくださってる方に一言。
司:9月16日来てほしいな。池袋アダムワンマン。
典之:5月27日に出た「かけがえのない他人の君へ」というアルバムを作ったんですけど、メッセージ性の強いアルバムになってるんで是非聞いてほしいです。通販で買えます。
雄介:ワンマンライブ、すごくいいライブになると思うので是非見に来てください。
史朗:8月31日はハックルベリーの店長さんの誕生日、結構面白いことをしようと思ってるんで来れる方は是非来てください。あと、俺らは言葉とかメッセージを特に大事にしてて、なんか世の中の間違ってることとか自分らが思う範囲での、想いってのをどんどん伝えようと思うんで聴いてください。
ーーありがとうございました。
ラウドロック、ミクスチャーと形容する言葉は色々ありけり。[P:D]さんインタビューです。めちゃくちゃかっこよくてしびれます。


ーー自己紹介からお願いします。
TuiTui:ベースのTuiTuiです。
2G:下手ギターの2Gです。
O-yoh:上手ギターのO-yohです。
Tuitui:ボーカルのkyoheiです。
kyohei:あれ? 言っちゃった〜、です。
O-yoh:そんな感じで、今無料配布のCDを作ってます。頑張ってます!
ーー結成の由来からお願いします。
O-yoh:転がってたミクスチャー好きを集めたバンドです。
kyohei:一言でまとめられちゃった。
TuiTui:でも雑草が強いってことをわかってもらいたいです。
Oh-yoh:俺がバンドを解散して、1年ぐらいふらふらして。で、やっぱりバンドやりてぇってなって、仕事が一緒だった2Gを誘ってそっから始まりました。
2G:始めは二人で。
O-yoh:そこからメンバー募集したり。とにかくライブをやるためにがむしゃらに練習して、半年くらい経って去年の夏に初ライブやってからが始まりかな。そこからメンバーがコロコロ変わりまして。TuiTuiは夏の終わりから入ってもらって、「ボーカルいねえじゃねえか」ってなって、TuiTuiがアメリカから拾ってきて。地元のライブハウスでスタートして、そこのライブハウスにそこそこ気に入ってもらい。何回かこなして、メンバーが抜けてって。
kyohei:それは今年に入ってから。で、始めはツイン・ボーカルやってた。それで3、4回ライブをやったけど今一人でやってますって感じです。
O-yoh:それで吉祥寺クレッシェンドに拠点を移しまして。
2G:まあでもこれからは今の所も大事にしつつ大きく広げていきたいですね。
O-yoh:仲間も増えてきてるしね。ちっちゃいクラブなんかでもやってたり。で、またドラムが変わりまして。
kyohei:ドラム実際何人目ですか?
TuiTui:1年経って4人目です。別に仲が悪いわけじゃなく辞めてもみんなライブは観にきてくれる。
O-yoh:そんな感じだね。月に2本ぐらいライブをさせてもらって。
TuiTui:今に至る、みたいな。
ーーミクスチャー系が基本ということなんですけれども、今後他のジャンルをやってみる気はないんですか?
2G:ミクスチャーだから形に捉われない。
O-yoh:ミクスチャーって意味が俺にはもうわからなくなってるけど(苦笑)。
2G:自分、ミクスチャーってあんまり言いたくないんですよね。ヘヴィロックじゃないですか。ミクスチャーって(意味が)いっぱいあるじゃないですか。それをちっちゃくしちゃってるだけで。
O-yoh:普通のラウドロックだよ。
kyohei:ただうちはポップじゃないですよね、一言言うと(笑)。万人受する曲はあんまりやんない。多分これからもそうなんじゃないですか? で、今はデモ音源制作って感じっす。
ーーライブ会場で配布という形になるんですか?
kyohei:そうっすね。きてくれた人とか接触した人には渡していこうかなって。
TuiTui:お礼の一品として。
kyohei:まだうちはこれからのバンドって感じなんで。
ーーではメンバーさんからみた他のメンバーさんの印象というのを訊きたいので、まずボーカルのkyoheiさんをお願いします。
TuiTui:俺はもともと友達だったんですけど、昔からちょっと絡みづらい奴ですよね。なんだろ、俺からすると、ラップをして欲しかったんですよ。ラッパーとして。それで(kyoheiは)アメリカに一人で一年留学して英語勉強して。そのガッツとか根性はすごいですね。
2G:なんかやらかしてくれる気がします。
O-yoh:クールガイかな。歌の方もほっぽらかしだけど、「あ、いいんじゃねえの」ってのばっかり持ってくるから。これからやっていくのに楽しい奴だと思いますね。
kyohei:恐縮っす。
ーーでは2Gさん。
TuiTui:2Gは初めて会った時とだいぶ印象が変わりましたね。はじめは何考えてるかよくわからない……
kyohei:でも初対面ってそんなもんじゃん?
TuiTui:いや、わかる人はわかるじゃん。でも話せば話すほど……
2G:味が出てきた。
TuiTui:そう。だから2Gはスルメみたい。噛めば噛むほど味がでるんだよ。
2G:スルメ、匂いがやだ。
kyohei:イカ臭いって?
O-yoh:そこ面白い(笑)。
TuiTui:2Gとよく話す機会があって。
2G:話すけど遊びとかになると絶対断るんだよ。ひどい男だよ。
TuiTui:(笑)でもねえ、話せば話すほど味のある男ですよ。
kyohei:2Gには歳とか関係なく若い分可能性がすごく見える。5つくらい違うんだけど俺の5年ってすごい波があったから、2Gはこれからその波と闘う。上もあるし下もあるから。そういうのを経験したらまた味が出てくるんじゃないですか?今はまだ可能性を持ってる感じですね。俺からしたら逆に2Gは何かをやらかしてくれるような気がする。
O-yoh:これまたクールガイ。
ーーなんかもうそれで全部片付けられそうな気がする。
メンバー:(笑)
O-yoh:2Gは付き合い長いからね。思ってることとかわかったり。
kyohei:言わなくてもわかる間柄ってことでしょ? 相方だ。
O-yoh:あとね、俺が言わない時に言ってくれる存在。バンドが「ん〜?」ってなった時に、「ダメじゃないすか」って。相方ってのは俺も思ってるんだけど、自分が凹んだ時に「じゃあやりましょうよ」って。
ーー発破かけてくれる。
2G:それは互いに。
O-yoh:それと最近ギターの音のバランスとかもよくなってきた気がする。
ーープレイも2Gさんはあまり動かないけどO-yohさんはすごく動くっていう静と動みたいなのが。
O-yoh:その辺は周りの評価もそこそこ上がってきたので、そこをもっとバンドとしてなにかつかみたいと思う。
kyohei:変えていきたい。
O-yoh:まあギターの話はよくしますよ。「これいいよ」とか。音楽発信源だね。給料の半分CD買うみたいな。
kyohei:そこの努力がやっぱ。
2G:努力じゃなくて趣味。自慢したくて買ってるわけじゃなくて好きだから買ってるわけで。
kyohei:やっぱ好きっていうのは強いよね。
O-yoh:だから化けるのも時間の問題じゃないかなって。
ーーではTuiTuiさんについて。
kyohei:3年ぐらいの付き合いなんですけど、全然バンドと関係ないことで知り合ったからプライベートの話の方が弾む。プライベートの方が仲良いかな。
2G:あ、それすっごいダメ。
kyohei:俺がTuiTuiと音楽の話してもあんまり続かないのは、音楽についてあまり接点がないから。バンドって同じ趣味のやつが集まってもいいけど、バラバラで集まったらダメとかは誰にも決められないと思うから。それこそミクスチャーじゃないですか?
2G:最初はチャラチャラした遊び人だったんですよね。本気かどうかわかんなくて。この頃やっと火がついたかなって感じです。だから加速して欲しいですね。
TuiTui:チャラチャラ……それが売りだから。
ーー売りなんだ……。
O-yoh:これまたチャラチャラ遊び人でね! 付き合い長いんだ、10年目で一緒にバンドやるとは全然思ってなかったけどね。初ライブを観に来てくれて、ベースが抜けることが決まってたからちょっと手伝ってよって今に至るんだけど。仲良いけどメンバーとしてやったことないからその辺はまだまだだね。でも最近火がついたので大火事になって欲しいよね。これからは縁の下の力持ちとして働いて欲しいかなって。
2G:ていうかなって欲しい。
O-yoh:最近ライブをやっていく中でフィーリングが合いつつあるけどね。正直このバンド的には個々のフィーリングが全く合ってないわけよ。でもずっとやってるとマルになってくるよね、だんだん凸凹してたのが。あ、今TuiTuiから離れちゃったね。
ーーではリーダーについてお願いします。
kyohei:今までにバンド結構やってきたんですけど、やったことないタイプですね。O-yohくんすげえ兄貴肌なんですよ。そういう人とやるのが初めてだからちょっと戸惑ってたけど、今まで頼られてばっかりいたから甘えていいのかなって。だからたまに甘えてます。
2G:今O-yohさんの方がオーラとか存在感とかが一歩抜きん出てるから、そこを追い抜きたいですけどね。
TuiTui:さっき言った通り昔から知ってるんですけど、趣味が似てるなって思ってて。で、新しいバンドを立ち上げたと。それは是非観に行かねばと、観たらかっこいいなと。で、メンバーになったんですけど。ギタリストとしてかっこいいっていうのも、見た目に見えないけど熱い男っていうのがわかってるし、素敵ですね。
ーーはい。では今回インタビュー内特集として「あなたのホッとする場所、隠れ家。」というのを聞いているんですが、一人ずつお願いします。
kyohei:仕事と家の往復なんでぶっちゃけ夢がないんで。布団の中が一番(笑)。布団の中で漫画読みながら寝るのが好きです。
2G:これって決めてないんですけどよく友達と呑みに行きます。高円寺界隈で。
kyohei:いいところじゃん。
ーー中央線文化ですね。
2G:いいこと言った!
TuiTui:僕はですね、中野のジパングですね。基本的にダメ人間なんでスロット屋はよく行きますね。とにかくスロット屋。むしろスロット屋にいないと落ち着かないくらいですね。
kyohei:書いといてくださいよ、「こういう人だ」って。
TuiTui:ダメ人間なんでそれでいいです。
O-yoh:んー、どこだろうなあ。家?
全員:それはナシ(笑)。
O-yoh:趣味でサッカーやってんのよ。バンドで煮詰まった時に運動してるから、そこね、大事。息抜きだよね要するに。お気に入りスポットがフィールド。
ーーでは今後バンドの展望とスケジュールをお願いします。
O-yoh:9月25日吉祥寺クレッシェンドでイベントに出ます。CD無料配布。
kyohei:一皮むけて帰ってきます。アメリカから。(単身渡米)
O-yoh:本当立ち上がったばっかのバンドだからやりたいこといっぱいあるんで。
ーーインタビューを読んでる方に一言お願いします。
kyohei:どんなバンドか観てもらえばわかるんで、来てください。
TuiTui:ライブに来てもらわないと始まらないし、来てもらった以上はいいライブを観せるし。
O-yoh:体感ロックバンドを観に来い! 今みんなで急斜面を一生懸命登ってるところだから。
TuiTui:来ないと逆に人生損するよね。
ーーはい、ありがとうございました!!
「初めて知った」という方も多いのではないでしょうか。秋田のスーパーロックバンドgyro-captainさんです。
あの心にロックを焼き付けられるライブは一度観たら癖になりますよ。


ーーはい、回してます。
健次:ヴオオオオォッホイ!!(豪快な咳払い)
全員:(笑)
健次:ベースの佐々木健次です。
陽介:ギターと歌の佐々木陽介です。
太良:ドラムの藤田太良です。
ーーgyro-captainさんの結成の由来をお願いします。
陽介:ギターとベースが兄弟で、ドラムがいなかったのでどうしようかなと。んで、その辺にいたドラムを適当に引っ張ってきてまいりまして。そんな感じです。
ーー今と前ではだいぶ音楽性が変わりましたけれども、以前のB-BOY路線から変わるきっかけはあったんですか?
陽介:ああ、うん。それは「変えよう」とか「こういう感じでいこう」とかって話は実は一個もなくて。最初はその……もっとこう……なんて言うのかな。パンクロックであるとか、もともと好きな音楽を普通に始めてやってたんですけど、ちょっとずつ自分らの「こうやっていくと面白いんじゃないか」と言うのを足していくうちに今のような感じになりまして。
ーーはい。あのー……陽介さんが工藤探偵事務所みたいになってますよね?
陽介:いいじゃん(笑)。探偵さんなにを調べてるの?
ーーいやわからないですけど(笑)。陽介さんが工藤探偵で、あとのお二人はルパン三世のコスプレに見えるんですよね。
健次:俺なに? 誰?
太良:なに役? どれ? 次元がどっちかが問題だよね。
佐々木健次:さあ言ってもらおうか。
ーーや……(困)
健次:俺はルパンか。
ーー帽子をかぶっていれば次元ですよね。ステージでタバコ吸ってるので。
健次:なるほど。
ーー白スーツのときはジュリーですよね。
全員:(爆笑)
陽介:ジュリー意識してるもんな?
健次:してねえよ。
全員:(爆笑)
ーーかなり強烈なキャラですよね。
健次:強烈!? なに!? 失礼だな君!
全員:(笑)
陽介:ステージ下から観てるとどういう風に映ってるのかちょっとわかんないから。
ーー音がすごくかっこいいバンドだと思ってインタビューさせてもらってるんですけれども、
全員:ありがとうございます。
ーーなんでMC役が健次さんなのかなって言う。
陽介:え、なんで? なんか不自然? ちゃんと役割分担がねえ?
健次:じゃあなんでお前はドラムなんだ?
太良:そこにドラムが……(笑)。やりたい……から。結局健次が言い出しっぺだったような気がする。
健次:最初は二人でMCしてたんだよ。
陽介:ああそうだ。でも俺どうも気の利いたセリフが言えなくてね。
ーーあの名台詞はいつ生まれたんですか? 「心にロックはあるのかい?」っていう。
陽介:あー。あれって……
健次:適当に。
太良:適当だ(笑)。適当に言ったんだ。
ーーその割には毎回言ってますけど。
健次:それはもう気にいってるから。
陽介:最初に言ったのは多分勢いなだけだと思う。
健次:あんまりこう考えずに。
陽介:基本的になにも考えてないから。
健次:ノープランが大事だから。MCは。最近それに気づいた。
ーーそして毎回こう…「巻いて巻いて!!」みたいな雰囲気が流れる。
全員:(笑)
陽介:長いよな(笑)?
健次:なんかこう綺麗にオチをつけたいんだけど……
陽介:オチまでいかないでぐるっとこう一周して。
健次:「ダメだ!!」「次の曲に行かせてもらうぜ」って(笑)。
ーー今後興味のある方も出てくると思うんですけど、バンドの一番の押しのポイントとかはありますか?
陽介:なんだろうなあ。
健次:なんだってバンド組んでんだからな。
陽介:バンドがポイントなんだな(笑)。
健次:音楽だろう!!
太良:ライブって言えばいいのかな。
全員:ライブだな。
ーー今回インタビュー内特集が「あなたのホッとする場所、隠れ家。」ということなんですけれども……。
陽介:隠れ家! 喋ったらもうもう隠れられねえんじゃねえの? 大丈夫?
ーーだからこのインタビューの前に2番目か3番目を考えといてくれって言ったじゃないですか。
陽介:あーそう。全然伝えてなかったな。
健次:全然聞いてねぇし。
陽介:隠れ家か。
太良:あるよー。
ーーじゃあ太良さんから。
太良:バーなんだけどね。でも名前は出したくないね。
健次:秋田のバー?
ーーじゃあイニシャルだけでも。
太良:バー「B」。
健次:そこ連れてけっちゅう話だね。
太良:んー、断る!!
二人:(爆笑)
太良:一人で行きたい。
陽介:俺はねー、ベランダ!
ーー自分ちの。
陽介:自分ちの。休日の流行りが昼間から椅子出してー、エビス用意してー、ぼーっとしながらね、シャボン玉すんの。あとカツサンド食べんの。
ーーシャボン玉はなぜ?
陽介:なんかこう和むじゃん。こう、吹いて見るのさ。ちゃんとタバコ吸ってー、そのタバコの煙をふーっていれて、割って「ぽん」って。そんな休日の隠れ家。
ーー最後は健次さん。
健次:お前の家を隠れ家にしてやろうか!!
陽介:なんだそれ(笑)。
全員:(爆笑)
健次:自分ちの使ってない部屋が隠れ家なんだけど。特殊な部屋があるから、そこ。
太良:特殊な部屋。
ーーみんなオチを期待してますよ。
健次:オチは出されねえし。
太良:言っちゃいけない部分がいっぱい隠されてる。
健次:いっぱい秘密がある部屋なんだけど。
ーー奥さんに言えないような。
健次:エロくはねえんだけど、エロくはねえんだけど(念押し)。
太良:エロくはねえな。
健次:隠れ家。解体させられそうなんだけどな。
全員:(爆笑)
健次:それが一番だとすれば二番目は居間だよな。
陽介:全然隠れてねぇよ(笑)。
健次:逃げも隠れもしませんよ!!
陽介:逃げも隠れもしないんだ(笑)。家限定だ(笑)。
全員:(爆笑)
健次:じゃあなんだろうなー。自分の乗り物に乗ってる時!
陽介:ホッとする場所ではあるな。バイクのシートの上とか。
ーーでは今後のバンドの展望を教えてください。
陽介:今音源を録ってるので、まずそれをとにかくかっこいいものに仕上げないと先に進めないからね。それをやってー、あと東京でもいっぱいライブやりたい。そんな感じかなあ? 最終的には……
健次:最終的には自分が満足する音楽を。
陽介:難しいなー。一生モンだね。
ーーそうですねえ。
健次:未来の自分を追いかける。(と言ったあと即爆笑)
陽介:なんだそれぇ?
健次:かっこいい〜(笑)!!
太良:うまいの? うまいの?
ーーうまかったんですか?
健次:うまいよ!!
全員:(爆笑)
健次:なによぉ〜!
陽介:世界一かっこいいライブを観に来てください。
ーーありがとうございました!
健次:大丈夫かなちゃんと記事になんのかな(笑)。
打ち上がって酔いも微妙なところでインタビュー決定の(株)とかげさん。V系から謎の団体になって興味深々です。飛び入りで会話に参加してくれた方もいたのですが、残念ながらそこはカットで回していきます。


ーー正式名称は「株式会社とかげ」さんですか?
秀一:いや、前株です。
ーー自己紹介をお願いします。
え〜ぢ:ギターのえ〜ぢです!!
英人:ドラムの英人です。
なおぅ★:ベースのなおです。
秀一:はい、終わります。
ーーえ、ボーカルは?
秀一:(笑)ボーカルの……どうしようかな。しゅ、秀一です。
ーー「めんや 半蔵」はどこにいったんですか?
秀一:あれはノリだから。ただ表記してるだけ、ラーメン屋の宣伝で(笑)。
え〜ぢ:(店はまだ)できてねえのに。
ーー本日のライブ伺えなかったんですけれど、手応えはどうでしたか?
秀一:熱かったね。モッシュの嵐で。
え〜ぢ:モッシュ?
秀一:それは言い過ぎか(笑)。
英人:さすが俺らだって感じだったね。
なおぅ★:ってえ〜ぢが言ってた。
秀一:ってえ〜ぢが言ってた。
え〜ぢ:言ってねえよ。
ーー「うちのバンドのウリはここだ!」みたいなのをアピールして欲しいんですが。
秀一:いつも訊かれて言ってるのが、「ポップとパンクとロックの融合」。それでいて、我々でまとめあげているという。
ーーということはオールジャンルですよね。
秀一:オールジャンルでいて、我々の色を出す、という。
ーーミクスチャーとは違いますか?
英人:どうだろう。曲によってはミクスチャーっぽいかもしれない。まあ受け取りようだけどね。何がそれっていうのはないから、うちらの曲を感じてくれればそれはそれでっていう。
ーー体感しろと。
英人:うん、そうそうそう。
ーーメンバーさんからみた他のメンバーさんの印象を訊きたいんですけれども。
秀一:かっこいいね。
え〜ぢ:知ってる(笑)。
ーーあの、ひとりずつお願いします(笑)。秀一さんをメンバーさんからみるとどんな感じですか?
秀一:あ、そういうことか。
英人:どうだ、なおぅ★くん?
なおぅ★:えーっと……え、素で?
秀一:普通に真面目に答えれば。
なおぅ★:え〜ぢくんからにしてよ(困)。(秀一は)……オヤジ臭い。
秀一:オヤジ出すなよ〜(笑)。
全員:(苦笑)
英人:この子のあれだよねー、曲に対しての笑いを追求するとこ?
ーー「山の手さくらんぼ」?
英人:歌詞的な部分でいうならそうかな。
ーー初恋を歌っちゃってる感じの。
英人:顔に似合わずね(笑)?ここは強調するから。顔に似合わずね。
ーーよし、太字にします。
英人:(爆笑)そこを突きながらもいい歌詞を作るかなって。新曲に対してもね。
秀一:真面目に答えてる。
英人:まあこの頃はいい感じで出してるんじゃないですか?
え〜ぢ:お笑い禁止。
英人:まあ禁止にしてるからね、最近。
ーーではえ〜ぢさんお願いします。
え〜ぢ:思いついたんだけど忘れちゃった(苦笑)。
英人:特になし!
え〜ぢ:なんだっけなあ〜?
秀一:テンポよく行こうぜ、テンポよく!
なおぅ★:良いとこなしってことなんじゃないの?
秀一:(笑)それでもいい。
ーー印象なので良いとこじゃなくてもいいですよ。
え〜ぢ:悪いところもわかんねえ。まあ人間的に好きってことで。
ーー次はなおぅ★さん。
秀一:なおぅ★ねえー……今は勉強中だね。全てにおいてね。色々勉強してる向上心がある人間だと思う。
英人:向上心あるけど素直じゃないけどね。
秀一:素直じゃない。向上心あるけど素直じゃない(笑)。
英人:そこがまず間違ってるけどね。
え〜ぢ:なおくんはー……まあ、短気……だね。やっぱり。一番年下だし、まあそこは……。
英人:大人だから。
え〜ぢ:大人だから(笑)。でも結構曲に対してとか音に関してとか、すごい考えてるかなって思うし。アレンジについてもいきなり良いとこ突いたりとかもするから。
なおぅ★:30回に1回な。
英人:そうだね、良いとこを突くとこはあるね。こいつは良いとこ確かに突くんだけど! まあちょっと素直になろう。自分が向上したかったらちょっと人の意見も取り入れた方がいいってとこはあるかな。そこさえあれは多分、……そうだねメンバーの中で一番向上心があると思う。
ーーではえ〜ぢさんお願いします。
秀一:え〜ぢはスターだね。
ーーロックスターですか。
秀一:ロックスターだね。
英人:スターの要素を持ってる。可能性を秘めてる。
ーー武道館を埋めるぐらいの……。
英人:それは本当のスターだね(苦笑)。
なおぅ★:まあ何を考えてるかわからない人ですね。急に子供っぽくなったり。そこがスターですかね。
秀一:それがスターだから許せる。
英人:え〜ぢかあ……そうだな、ギタリストとしての……何かが自分的には足りない気がしてて。だけど、まあ見た目とか云々はもうどうでもいいんだけど。バンドの中の自分の考えだけど、ちょっと何かが欠けててもこいつならいいって。バンドのことも考えてるね。こいつはそれなりに他のメンバーよりは考えてくれてるかなって思う。
ーーでは英人さんお願いします。
秀一:英人はね、ここ一、二年で急激な成長をみせた男の一人ですね。
なおぅ★:すごい……不思議な人ですよ。ああ言えばこう言う。
英人:ああ言えばって何言ったよ。
なおぅ★:んで、「俺の腕筋はバンド内で一番すげぇ」って言ってるけど、そんなことないですから。
え〜ぢ:英人はねぇ、あんまり練習してない割にはドラムがうまくなってる気がする。
全員:(失笑)
英人:昔のバンドの人にもよく言われた(笑)。
え〜ぢ:なんかいつの間にかできるようになってたフィルがあったりする。まあ意味不明な男ってことですよ。
ーーありがとうございます。今回インタビュー内特集で、「あなたのホッとする場所、隠れ家。」というのをやってるんですけれども、秀一さんからお願いします。
秀一:隠れ家は喫茶店ですね。新宿の……なんとか座。
英人:あれだよ、クラシックのかかってる。
なおぅ★:ロック座?
秀一:でかいマックの隣のなんとか座。(スカラ座のようです)
なおぅ★:えっ! 王将とかしかしらない。
秀一:じゃあ王将で。
全員:(笑)
なおぅ★:俺は布団の中っすね。
ーーそれを出されるとこれから先トイレとか言えなくなる人が出てくるので……。
え〜ぢ:俺風呂ん中って言おうと思ってた。湯船に浸かってる時が。
ーー入浴剤は入れる派ですか?
え〜ぢ:入れない派です。
英人:え〜、毛が浮くじゃん。
なおぅ★:えっ、入浴剤入れたら浮かないの?
全員:(爆笑)
英人:俺なんだろう、落ち着く場所?
秀一:うん。ホッとする場所。
英人:……愛人の家かなあ。
秀一:バカだ(笑)
英人:まあキッチンかな。
全員:(笑)
秀一:キッチン!?
ーーできれば家じゃない場所を……。
英人:だったら公園だね。落ち着くね。
ーーいつの季節の公園が一番落ち着きますか?
英人:秋? 多分これみた人はね、「あ〜わかるわかる」みたいなとこがあると思う。
ーーありがとうございます。今後バンドの展望としては。
秀一:ツアーしてみたいね。
英人:ツアーしたいね。
え〜ぢ:全国ツアー?
秀一:全国まではいかねえけど(笑)、ツアーしてみたいです。
ーー東名阪とか。
え〜ぢ:東名いいね東名!!
秀一:都内までは(笑)。
え〜ぢ:意味わかんねえし。
秀一:都内ツアー(笑)。都内ツアーしたい。
ーーやってみたらいいんじゃないでしょうか。都内全ライブハウス網羅ツアーとか。
全員:いやあ〜(苦笑)。
秀一:そしたら毎日ですよね、うわ〜。それだけで有名になるね(笑)。
英人:ちっちゃいとこも含めてでしょ?キャパ50人とか。
秀一:ツアーとね、レコーディング合宿してみたいですね。
英人:まあもめるだろうけどね。なおぅ★対3人みたいなね。
なおぅ★:(笑)いいよ、いつでも相手になるよ。
ーー最後にこの記事を読むみなさんに対してコメントをお願いします。
秀一:聴いたことない人もいるかと思いますが。
英人:観に来てくれればそれで楽しめると思いますよ。絶対。マジで楽しめるってことは確かなんで。いやもう逆に「ほんとかよー」みたいな。「ほんとに楽しめるんだろうな?」って時にもマジで楽しめますからね。そこは自信持って、まあ八割方…いや20%くらいかな、自信持ってやりますよ。
秀一:低っ!
え〜ぢ:だいぶ低いよ。じゃあ言うなよ。
英人:いや言っとかなきゃなって。
ーーとりあえずライブに来てくれと。
英人:そうっすね。ライブ来て……
秀一:何か感じてくれたら。
ーー締めの一言をお願いします。
英人:じゃあなおぅ★さん。
なおぅ★:俺? ぶっちゃけね、観てくれればわかるんですよ。本当に。正直色々バンドあると思うんですけど、いいバンドさんともたくさん対バンさせてもらってるんですけど、それでも自分たちが一番いいかなーっていつも思ってるんで。だから観てくださいって感じですね。
ーーはい、ありがとうございました。
「なんちゃってジャパニーズエンターテイナー改めひとりよがりカラオケシンガー」の”改め”はいつまでついているんでしょうか。秋田を中心にライブ活動をしているソロシンガーフジワラトキムネさんにお話を伺いました。


ーー現在に至るまでを簡単にお願いします。
トッキー:きっかけは「メルヴィス」っていうROUAGEのコピーバンドをやってて、そこでオリジナルも織り交ぜつつ1999年にファースト・ライブをやりまして。その年の9月頃に、ちょっと「一人でやろうかな」って。メルヴィスとは別のものを。俗に言うデジタル・ロックって言うんですか?
ーーちょっと打ち込み系な。
トッキー:そうそう。それで始めたのがきっかけ。
ーーそれでソロ活動の「neo」が始まった。
トッキー:で、高校生ですから友達に「ギター弾いてよ」「打ち込みやってよ」とか「キーボード弾いてよ」とか。流石にドラムはいなくて。「neo」で音源を作る前に打ち込みをやってくれてたキーボードの子がちょっと叩けるっていうから、じゃあやってって頼んで。その時はベース、ギター、ドラム、ボーカルで、打ち込みなしでやったんですね、ファースト・ライブって形で。それは「メルヴィス」企画があって、その時の余興?
ーーセッションぽい感じで。
トッキー:うん。それでやって、この形でやっていきたいって思ったんですけど、スケジュール的に合わない面もあって。あと、こっちは本気でやってた組なんで。ライブ的なことはそれ以降やってなくて。ファースト・デモテープを作ったんですけど、「悲心涙」って書いて「なみだ」って曲。これをその時「neo」でギター弾いてた子がギター弾いてくれて、打ち込みもキーボード兼ドラムの子がやってくれて。世に出して、それから「メルヴィス」のラストか、ラストの前のライブで1回やったんですよ。その時に、まぁ俗に言う失敗ですよ。
ーー失敗?
トッキー:というか、イメージと違うなーと。やっぱそこは若かったのもあるし、不甲斐なかったなあと思いますね。
ーーどんな失敗だったんですか?
トッキー:その「悲心涙」って曲やったんですよ。曲自体もやっぱり歌い込みも全然されてなくて、歌唱力がメロディに追いついていなかった。そこで打ちのめされた感じで。その当時、ボイトレに通ってたけどやっぱりもうちょっと頑張ってやりたかったなーと。結局「悲心涙」って曲自体は、やっぱり俺の限界キーをちょっと上にいったくらいのキーの曲だったんで。なんか自分の声のことよく知って曲作んなきゃいけないなと。で、まぁ色々とどうしようかなと考えて、ま、とにかく曲を作んなきゃと。
ーーはい。
トッキー:それと並行して「メルヴィス」のオリジナル曲を全部集めて、ラスト・テープみたいなのを作ってて。まあここで解散で、俺もなにも進路決めてなかったんで、「東京見てこよう」と、俺のおじさんの元で働きながら東京にいたんですよ。そこで機材買い込んで打ち込んで、キーボードの子と遠距離でやりとりしながら作ったんですけどね。
ーー一度上京したことがあるんですね。
トッキー:どんなもんかと。でもね、生活に追われるのでいっぱいいっぱい。だから1回秋田に戻って。そこでキーボードの子が制作の途中の時点で、喧嘩というか……。
ーー合わなかった?
トッキー:ですね。そこでキーボードが抜けちゃった。一人になった。そこで今は別のバンドでベース弾いてるある人に、「ベース弾いてくれ」って言ったんですよ。で、ベースとボーカルだけで、まずサーチしたんですよ。そこでベースの弟がギター弾けるんではいってもらって。その前に二人でライブをやったんですね。俺の東京で書いていた曲をベースにやってもらって、スタジオにもはいって、懸命に。ライブとかも色々と仕込みをしながら。
ーー仕込みはその頃からあったんですか?(トッキーのライブでは仕込みがある)
トッキー:ありましたね。あのー、「カルミナ・ブラーナ」って曲を流して、俺が場内アナウンスをして、その曲が終わってから、鳥肌実さんの歌を流して。それで頂上して、結構トラブルとかもあったけど割といいなと。彼のベースラインや音楽に対する考えとかが。俺の曲のベースラインを全くそのまま弾くんじゃなくて、ちょっと自分でアレンジしたりしてくれたんですごく助かったなと。俺も刺激受けましたし。で、そのあとギターがはいって三人になってから今のライブスポット2000にイベントで行くんですよ。
ーーはい。
トッキー:その時も結構いい感じで、それで島村楽器のイベントに出たんですよ。その前にビデオ配布のデモテープってのを作って。最初うちらのトークから曲にいってまたトークみたいな、要はラジオな感じ。
ーーその頃からエンターテイメント性というのは重視していたんですね。
トッキー:ですね。何かうちらが「これ面白そうじゃない?」ってことをやりたかったっていうのはある。で、そのイベントで予選落ちして。
ーーやっぱりちゃんとしたバンド形態の方がいいと?
トッキー:その当時っていうか今もそうだけれど、バンドとか打ち込みとか別け隔てられてるのがあるなーと。
ーー地方だと特にですよね。
トッキー:まあ秋田は狭いですからね。やっぱりバンドもいっぱいいるし、打ち込みとなるとどうも敬遠されるみたい。だからそこで一回トライが終わったなと。俺はもっと曲を作って、県外でもライブをいっぱいやりたかった。そこで考え方の亀裂が起きて。確か2001年だったかな。1年前にそのビデオ・デモテープ出したんで。2000年、音源ではその後コンセプト的なものを踏まえた「ブラックリスト」と「ホワイトリスト」ってのを作ったんですよ。数はそんなに出回ってません。その頃周りも音楽活動やってたんで、遊びでレーベルみたいなのを作ったんです。
ーー自主レーベルですか。
トッキー:みたいな。フリーペーパーも定期的に作って、CDショップで配ったりもしてたんですけど。なんの知識もないけど主催とかやったりしてました。
ーーサークルみたいなノリですか?
トッキー:あ、結構それに近いかもしれないな。あの時結構みんな学校とかバイトとかやってたから、暇を見つけては集まって。そこで、ちょっとしたレコーディングのノウハウを学びつつ、それは自然にフェードアウトして、2001年の7月頃に、まあみんな時間がないなら俺が……
ーー一人でやろうかなと。
トッキー:なったわけでございますね。そこで「一人でもできるじゃん」って思えたのがモーニング娘。のライブきっかけだったんですよ。友達から「トッキーさん、モーニング娘。のチケット1枚残ってるんだけど行かない?」って言われて。2、3列目でみれたんですけど。ココナッツ娘とかゴマキのソロも出てたんですけど、そのゴマキのソロの時、一人でカラオケをバックにして歌ってる。出演者みんなそんな感じだ。これは一人でもできるんじゃないかなと。そこでもう開花して。
ーーなるほど。
トッキー:今やってる「もだえちゃうね」とたまーにやる「独りよがり」って曲がありまして。そこで某イベンターさんと知り合いまして、いろいろライブをブッキングしてもらえるようになったけどやっぱり不安ですよね。どうしようってなった時にモー娘。のライブで買ったパネルがありまして、それを隣に置いてやって。
ーーまたそれは……。
トッキー:「neo」のデモテープに入ってる「バージンキッス」という曲がありまして、それを今度からやるんですよ。
ーーまた恥ずかしいタイトルの。
トッキー:この曲は俺の中では「もだえちゃうね!」とタメはるぐらいの、最初かラストに持ってこれる曲ですね。恥ずかしさは多分「もだえちゃうね!」の方があるんだけど。俺の曲は8割実体験なんですよ。
ーー「秋の道」(ラブバラード)とかもそうですか?
トッキー:そうですね、ほぼですね。フィクション的なものは「恋のタチクラミ」とか。
ーーあれが実体験だったら嫌ですよ(笑)。
トッキー:嫌ですね(笑)。バラードとかになると実体験が多いですね。「もだえちゃうね!」も実体験はいってますよ。まあそんな感じでライブをやりつつ。当時はライブのことを歌謡ショーとは定義していなくて、メイクとかもグッチョングッチョンのめちゃめちゃで。
ーーすごかったですよね。
トッキー:あの時すごくカリガリとかが好きで、密室系みたいなのを真似たかっていうか。後期ボーカルの秀仁さんがすごく好きで。あの人のやってるのは結構80年代のテクノポップな感じで、俺もちょっと違いますけどやっぱ俺も80年代の……
ーートッキーは70年代じゃないですか?
トッキー:いやいや、割と80年代狙ってるんですよ。アイドル歌謡な部分で。
ーーwinkとか菊池桃子とか?
トッキー:あとイモ欽トリオの「ハイスクールララバイ」とか。ノリ的にそういうのをやりたいなと思ってて。そういう感じのノリが俺にとって心地いいんですよ。当時は打ち込み系の音楽もあって。
ーーYMOとかCCBとか。
トッキー:今弾き語りで「ロマンティックをとめないで」やってますもん。今回作ってる「六本木サティスファクション」って曲が、コード進行がまるっきり「ロマンティックをとめないで」と同じなんですよ。
ーー「六本木サティスファクション」っていうのは、もうアン・ルイスですよね?
トッキー:別の方にも言われました。
ーージュリーか、アン・ルイスか、飛んで椎名林檎ですよね。
トッキー:そうそう。80年代の歌番組って妙にださいじゃないですか。
ーー安っぽいですけど、その分本人がゴージャスに見えますよね。
トッキー:ああいうステージでやりたいなってすごく思ってて。
ーー曲作りの話もしてもらっていいですか?
トッキー:取り入れたいものの雰囲気をまず飲み込んで作るって感じなんですけど、やっぱりみんなそうやって作ってるんじゃないかなって思うんですよね。表では言わないけど。ORANGE RANGEなんかはすごいですよやっぱり。
ーーはじめっからパクリって言っちゃってますからね。
トッキー:あの精神がすごいなと。そこまでパクることはないですけど、面白いなっていうのは全部取り入れてますね。80年代のプリンスとか岡村靖幸ちゃんみたいな感じで踊る人いないんですよねー。
ーーそうですね、フリをきっちりやったりしますからね。
トッキー:プリンスが言ってたんですけど、どう踊るっていうのはポイント以外では決めてなくて、その時その時で考えてやってるんですね。その場で。俺はそういう考えだったんで、「あ、にてる部分があるな」と。
ーー独りよがりタイムが毎回違いますからね。
トッキー:最近は濡れ場タイムに名前が変わりました。そこでちょっとトークをして、もしかしたらあんなことやそんなことをするのかと。ステージ上では恥ずかしさとか全然ないですよ。某PAさんが「今のソフトエッチさがちょうどいいんじゃないか」って言ってくれて。
ーーあの方本気で「俺どうやったらトッキーが吉本入れるか考えてるんだよね」って言ってました。私は人力舎の方が向いてると思うんですけど。
トッキー:吉本給料がものすごく安いですよね。
ーーじゃあ松竹芸能?
トッキー:鶴瓶師匠とおなじとこで。いいな。
ーー夢は松竹。
トッキー:夢は松竹で買います。
ーーで、なぜ「なんちゃってジャパニーズエンターテイナー」から「独りよがりカラオケシンガー」に改名したんですかね?
トッキー:あれは、なんちゃって〜って言いながらちょっと中途半端さ加減があって。ある日自分のステージをビデオで見てたら、ある意味独りよがりだし、カラオケだし、まあシンガーだし、それで行こうって。
ーーあとは「トッキー娘々」もよくやりましたよね。
トッキー:あれもノリですね。でも彼女も抜けてしまって、また一人になったので俺って一人になる宿命なんだなって割り切りましたね。そしたら割と、それ以降にやったライブをいいねって言ってくれる人がいて。
ーートッキー娘々がいたことによってフリができて、それでお客さんも踊れるようになってノリもよくなりましたよね。「やりたい」って人もいましたよ。
トッキー:まじっすか。募集かけたいですね。
ーー誌面でかけますか?
トッキー:お願いします。もっとビッグになったら米米クラブ並みの大人数で。メインは誰だぐらいで。
ーーなりたい方はご連絡を。
トッキー:ライブはお客さんが笑顔になればいいなっていうのがあるので、お客さんがいなければ割り切っちゃうんですよ。「今日はここは俺のダンスフロアにするよ」とか。ライブのことを歌謡ショーっていうのも、俺が歌謡曲が好きだから。日本人の特権だと思うんですよね、歌謡曲ってのは。
ーートッキーの歌は日本的なメロディーですからね。
トッキー:そう、氷川きよしみたいな。
ーーそれはちょっと違うんじゃ(笑)。紅白目標ですかね。
トッキー:目標は大きくですよ。実際ブレイクしているわけでもないし先のことだからこれからどうなるかわかんないし。
ーー東京でやったらいけるんじゃないですかね?
トッキー:それ仙台の人にも言われましたね。来年あたりは東京にも行く予定です。
ーーでも秋田のトッキーっていうのも外したくないですよね。
トッキーやっぱり秋田は常連さんがいますからね。その辺は今後調節してやっていきたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。