上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



非常に面白かった。流石大塚英志である。
ある日突然にのっぺらぼうになってしまった絵師むじなと、正体不明の三流怪談作家くもはちの織りなす奇妙でおかしな、さらりと読める文壇妖怪小説。
人を喰ったようなキャラクターに、名だたる文人の登場。これにひかれない妖怪好きがいては困る、というくらいの内容。さらりと読めて単純明快、謎解きもありの快作である。
スポンサーサイト



シリーズ二作目。三部作らしいので続編が待たれる。

今回は兎に角主人公であるはずの木島が殆ど出てこない。前作でも影が薄かったが、やはり変人と称される人間を狂言回しの役割にした事で類は友を呼ぶ状態である。
本編と言うよりは番外編の様な感覚である。またはアナザーストーリーか。

根津の話では折口の代わりに土玉氏が狂言回しになっているが、この話が一番ポピュラーな感じもする。

良く解らない小説だ。



民俗学者折口信夫を狂言回しとし、仮面で覆われた八阪堂古書店、「仕分け屋」木島を主人公とする民族伝奇小説。

伝記、ではない。
伝奇である。

つまり、「あってはならない物語」。

文章がもの凄く濃厚でやや癖のあるものの一度嵌れば病みつきになる事間違いなし。
この一見だらだらとした書き口の小説は恐らく民俗学で言うところのマヨイガへ向かう道程なのであろう。勿論きちんと坂姫と思わしき人物も出てくる。

月に関する表記、自刃子看護婦の思いがとても切なく伝わってくるのは何故だろう。



ウヨもサヨも読めばいい。
自分はいかなるスタンスで世界情勢を批判するのか、考え直すための文章。
あ、サイコ知らない人は面白くないかもしれない。
凄いライトに書かれてるから、掘り下げたい人は自分なりの論文を書けばよいのではないでしょうか。



コレを読まないと、何かを作る人間として生きていけない。

バイブルです。
ちょっと古いけど、大事な本。

村上龍ってゲームマスターになろうとしてるんだなあ。
有る点で成功しているかも。



ああ、コレは私の話だ。

供儀としての人生に一体どれほどの意味があるのか。
私の通過儀礼はまだ終わっていないのだ。

どこか心に後ろ暗いモノのある人間は読むと良い。
それが只のピーターパン症候群だって気付かされるから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。