上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




これもまた積んであったうちの一冊。
読む気はあったのだけれど、錚々たる面々に腰が若干ひけていた。
タイトルの通りアガサ・クリスティの「ABC殺人事件」をモチーフにして、連続殺人が起こる、もしくはなにがしかのメッセージが残される、といった作品を集めた本。
クリスティの本家は読んだことがないのだが(失敬)、簡単に言うと「A(地名)でA(人名)が殺され、B(地名)でB(人名)が殺され…」とアルファベット順に殺人が起こる、というストーリーが根底にある。

『ABCキラー:有栖川有栖』
火村英生と有栖川のシリーズ。ABC殺人事件になぞらえた事件が関西でも起きた、というストーリーなのだが、丁寧に書かれていて非常に読みやすい。ラストの犯人発覚も非常にわかりやすく明快で、ここからクリスティに入っても良さそうだ。

『あなたと夜と音楽と:恩田陸』
これは文庫で一度読んだことのある作品だった。とある殺人事件のメッセージが、ラジオ局玄関に置かれている人形などに込められているというストーリー。会話劇なのだが、無理なく読まされてしまう力強さがある。また途中でどんでん返しが仕組まれているのだが、それもまた巧妙に書かれていて、女性作家のミステリは力があるなあ、と思ってしまった。

『猫の家のアリス:加納朋子』
初読の作家である。どうもこれもシリーズもののひとつらしい。この作品で一番うまいな、と思ったのはABCになぞらえるのが人間の事件ではなく、猫だというところだ。実に実際にありそうな事件、というか、手口も込み入ったものではなく、読んでいてハラハラしてしまう。

『連鎖する数字:貫井徳郎』
なんとなくオチが読めたが、この話の場合に限っては「読めなければ」むしろ面白くないのではないだろうか。最後の一文に作者の思惑が見え隠れして、大変に満足した話だった。そうか、殺人というものはこういう感情で起きるのかもしれないなあ、と納得せざるを得ない。

『ABCD包囲網:法月綸太郎』
ここに書かれている短編の中で、正直に言うと「一番ありえなくて一番ばかばかしい」事件を描いていると思う。しかしそれをミステリという形式に落とし込めることで、まずまずの読後感を与えてしまうところがこの作者のうまいところだ。毎度法月の小説を読むと思うことなのだが、人間一人ひとりに表情がある。その表情が細かいからこそ、こんなあらすじだけだと一笑に付されるような話をもっともらしく書けるのだという気になる。


総括すると、メッセージや手口にこだわりすぎて実際に起こり得るか?ということを考えた場合、どれも弱い気がする。もちろんミステリに書かれたことが実際に起こってはいけないのだが、その辺のリアリティが若干足りないものが多かった。
スポンサーサイト



新津きよみ以外は既読の作家だった。
【水晶の夜、翡翠の朝】 恩田陸
「麦の~」に出てくる学園が舞台。謎解きは面白いが、話自体に使い捨て感がある。
ヒントが多めなので解きながら読む人には良いかもしれない。
【攫われて】 小林泰三
叙述モノに似ているが全然別物だと解釈した方がいい。小林泰三の手癖小説。内容は多少グロい。
【還ってきた少女】 新津きよみ
タイトルですでにネタバレしている様な気がする。
嫌いではないが、ミステリとしてではなくホラーファンタジーとして読んだ方がいいだろう。
【SEVENS ROOM】 乙一
恐らく乙一の最高傑作。非現実ミステリ。

アンソロジーとしては平均点以上だが、ライトノベルのせいか表紙に違和感があるため減点。



アンソロジーモノとしては上手に平均を行っていると思う。
ミステリというよりホラーファンタジーの冠がよく似合う一冊。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。