上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カインシリーズ最終章。前作より間が空いてますのでもう絵が凄い事になってます。キラキラ…。
伏線の張り方もなんだか張り直し張り直しで偉い読み辛い。…これ本当に全部使えるの?
でもこのシリーズ好きなんだよね…。
連載モノよりも「Bloodberry Jam」の様な一話完結ものの方が好きだなあ。

怖ろしいほど濃密で耽美な世界。
中世ヨーロッパを舞台に、血の縛り、絆、破戒と構築が描かれている。

ラストはただただ見入るばかり。
スポンサーサイト



伯爵カインシリーズ4。
これが実は私の初カインだったり。
オールスターですね…。ニールおじさんが好きです。優しさが不器用故に伝わりにくいところが。

切り裂きジャックについてはまあ、好きそうなネタだよねと。
ギルフォードの本性が現れてからラストまではちょっとページが足りなかったのか駆け足だけれど面白いです。
正直カインとメレディアーナの恋の行方はどうでも良い…。読み切りは、まあ普通ですね。



伯爵カインシリーズ3冊目。
このシリーズで初の連載モノですね。色んな伏線が入っていてもういっぱいいっぱいです。ちゃんと消化しきってくれないだろうか…。
ダークは哀しいキャラだなあ。
デビュー作も収録してますね。絵があんまり違うんで吃驚した。



伯爵カインシリーズ2冊目。
マリーウェザーの登場にリフとカインの出会いと盛りだくさんですが。
この中では「食べられたミス・プディングの悲劇」が倒錯的で好きです。でも全体としてはイマイチかなあ。



伯爵カインシリーズの一作目。
主従、ゴシック、耽美…今から15年以上前の作品だとは思えませんね。
このシリーズは天使禁猟区よりは人気はないけれど、その分ファンが濃い事で有名だったりする。

私はこの中に入ってる読み切りの「ダブル」が好きで好きで。友情モノに弱いんですよ。



・・・好き勝手書いてるイメージの作品だなあ。
もう展開が早すぎてついていけません。詰め込み過ぎだし解り辛いし登場人物の名前はアレだし。筋は面白いんだと思うけれど。トカゲの過去とか鈴の行動とか、今までの由貴作品には無い頑張りが見えるし。
まあ伏線らしい伏線が殆ど説明口調になってて萎える萎える。
サイコノッカーは…まあシリーズに向いてそうですね。少なくとも表題作よりはね。
エインセルの髪の色がステキだなあ。



まあ、やっぱりイーディケが一番人気なのが良く解る。

他の女がもう腹黒すぎるもん。

この読み切りテイストのまま行って欲しかったなあ…。



由貴作品の中でダントツの出来の良さ。コレを読んで感動しましたよ私は。
もうベタなんだよね!殺人鬼とか男娼とか孤児とか。
でも、それだけにスゴイ破壊力ですよ。1コマの間が読める漫画ってそんなに無いんじゃないかなあ。
スゴイ綺麗な愛の形。



やっぱりこのぐらいの長さの作品の方が良いのかも。きちんとまとまってるし。
ただちょっと狙いすぎな気もするんだよね・・・。
V系っていうのがまあ耽美的なファン層と結びつくのかもしれないし。



もっと長い話にして欲しかったなあ…。詰め込み過ぎな気がするんですね。
凄く好きな話だったんで残念。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。